フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

秋の七草の原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

秋の七草の原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

読み方

あきのななくさ

花言葉

萩の花(薬草名:ハギ)

「想い」「前向きな恋」

尾花(薬草名:ススキ)

「努力」「活力」「勢力」「悔いなき青春」

葛花(薬草名:クズ)

「治療」「芯の強さ」「恋のため息」

なでしこの花(薬草名:ナデシコ)

「いつも愛して」「思慕」「純愛」

女郎花(薬草名:オミナエシ)

「美人」「心づくし」

藤袴(薬草名:フジバカマ)

「躊躇」「遅延」「あの日を思い出す」

朝がほ(薬草名:キキョウ)

「変わらぬ愛」「気品」「優しい温かさ」

秋の七草について

秋を代表する七つの草花のことを言います。7つとは、ハギ、ススキ、クズ、カワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ、の7つを指すのが一般的です。朝顔に関しては、キキョウではなく、ムクゲやヒルガオを指すという説もあります。ハギやススキ、クズは比較的見ることができますが、カワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウはなかなか見ることができません。

七草は人日の節句の朝に7種の野菜が入った粥を食べる風習のことでもあります。元は七草は秋の七草を指しました。

古代より日本では、年初に雪の間から芽を出した草を摘む「若菜摘み」という風習があり、これが七草の原点となります。中国では、人日である旧暦1月7日に7種類の野菜を入れた羹を食べて無病を祈る習慣がありました。四季物語にあh「七種のみくさ集むること人日菜羹を和すれば一歳の病患を逃るると申ためし古き文に侍るとかや」とあります。七草粥の風習は、中国の七種菜羹が日本において分化と習合することで生まれたものと考えられています。

・ハギについて

マメ科ハギ属で、ヤマハギ亜科の総称です。ヤマハギ、キハギ、ミヤギノハギなどが含まれます。草地や林縁などに生えています。和名は生え芽の意味です。

・ススキについて

イネ科の多年草です。日当たりの良い草地、山野などに生えています。和名はすくすく立つ草の意味です。

・クズについて

マメ科のツル植物です。山野に生育しています。和名は奈良県の国栖が葛粉の産地だったことからです。

・カワラナデシコについて

ナデシコ科の多年草です。草地や河原の日当たりの良い場所に生えています。和名は、我が子を撫でるようにかわいい花という意味からです。

・オミナエシについて

オミナエシ科の多年草です。山野の日当たりの良い場所に生えています。和名は美女を圧倒するほど美しいという意味で女郎しが語源とされます。

・フジバカマについて

キク科の多年草で、河川敷や堤防などに生えています。数が減っており、絶滅危惧種に指定されています。袴に似た花をつけることから藤袴と言われます。

・キキョウについて

キキョウ科の多年草で、草地などの日当たりの良い場所に生えています。フジバカマと同じく数が減っており絶滅危惧種に指定されています。和名は漢名の音読みからです。

まとめ

七草粥であまりにも有名な秋の七草は、ハギ、ススキ、クズ、カワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ、を指しています。内2種フジバカマとキキョウは実は数が少なくなっていることから、絶滅危惧種にも指定されています。意外といえば意外ですが、貴重な植物なので七草粥などを食している立場から言うとなんだか複雑な心境になります。

七草粥の風習は中国の七種菜羹がもとに生まれたと言われています。七草粥の風習を若い人達や子供たちに伝えていくことも大事ですが、七草の種類や特徴、効能なども伝えていき、七草粥をきっかけとして花や植物にも興味を持つ人が増えたら嬉しいですね。健康のためにも日本文化としても、七草について知識をより深め、広げていきましょう。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)