秋の野芥子の原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

秋の野芥子の原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

読み方

あきののげし

別名

乳草(チチクサ)

科目

キク科アキノノゲシ属

学名

Lactuca indica

英名

Indian lettuce

原産地

東南アジア

分布

日本全土、朝鮮、中国、台湾、東南アジアに分布

花言葉

「控えめな人」「幸せな旅」「謙虚」「本当は心優しい」

名前の由来

春に咲くノゲシに似ていて秋に咲くことから付けられました。

アキノノゲシについて

キク科の越年草です。東南アジア原産で、日本全土、朝鮮、中国、台湾、東南アジアに広く分布しています。日当たりの良い荒れ地や草地などに生えます。高さは50cm〜2メートル程になります。8月〜11月頃に茎の上部に淡黄色の2cm程の頭花を円錐状につけます。昼間に開いて夕方には萎みます。総苞は長さ約1cm程度、総苞片は重なりあい、縁は黒色です。葉は互い違いに生えています。茎の長さは10cm〜30cmで逆向きの羽状に裂けます。茎の上部の葉はほとんどが全緑で小さいです。稲作と共に日本へ渡来した帰化植物で、レタスの仲間で葉や茎を切ると白い液が出て、うさぎの餌によく使われます。

アキノノゲシには葉に切れ込みがありますが、切れ込みのない葉を持つものはホソバアキノノゲシLactucaindica f.indivisaと言います。

アキノノゲシ属について

キク科の属です。どの種も1メートル近くまで高く伸びます。北半球を中心に約100種あり、レタスも含まれます。アキノノゲシ、ヤマニガナ、ミヤマアキノノゲシ、ムラサキニガナ、エゾムラサキニガナ、レタスなどがあります。

キク科について

学名Asteraceaeで、被子植物真正双子葉類に属する1分類群です。最も進化して最も分化している植物と言われています。世界で約950属2万種あります。日本では約70属360種のキク科植物が知られています。地球上のほとんどの地域で生育ができます。キク科の植物に抗変異原性があるものが多いです。12の亜科に分類されます。その内4亜科が99%の種を含みます。代表的な亜科は、ムティシア亜科、アザミ亜科、タンポポ亜科、キク亜科です。

主な属は、ノコギリソウ属、ノブキ属、ヌマダイコン属、カッコウアザミ属、モミジハグマ属、ニオイヤグルマ属、ブタクサ属、カイザイク属、ヤマハハコ属、エゾノチチコグサ属、アンセミス属、ゴボウ属、ハゴロモギク属、ウサギギク属、ヨモギ属、シオン属、オケラ属、アゲラティナ属、バッカリス属、ヒナギク属、センダングサ属、ブラキカム属、ブプタルマム属、キンセンカ属、エゾギク属、ガンクビソウ属、ヤグルマギク属、トキンソウ属、キク属、チコリウム属、アザミ属、コレオステフス属、イズハハコ属、キンケイギク属、アキザクラ属、アゼトウナ属、フタマタンポポ属、クロスペディア属、チョウセンアザミ属などがあります。

まとめ

アキノノゲシは、春に咲くノゲシに似ていて秋に咲くためアキノノゲシと名付けられました。茎を切ると白い液が出てうさぎの餌に使われます。同じ属のアキノノゲシ属には、野菜のレタスも含まれています。花は昼間は咲いて夕方は萎みますので、昼間に見に行くようにしましょう。いろいろな場所に生えていますので、夕方の姿と昼間の姿を照らしあわせて見てもおもしろい花です。花言葉は「控えめな人」「幸せな旅」「謙虚」「本当は心優しい」などとなっていて、空き地などでアキノゲシを見た際、花の可憐さだけでなく、花言葉を思い浮かべながらずっと見ていると、なんだかそれだけでほっこりした幸せな気持ちになれる花です。良い意味の言葉が多い花となっています。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)