曙杉の原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

曙杉の原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

読み方

あけぼのすぎ

別名

メタセコイア

科目

ヒノキ科メタセコイア属

学名

Metasequoiagloptostroboides

英名

Dawn redwood

中国名

水杉 shui shan

原産地

中国湖北省

名前の由来

和名の曙杉(アケボノスギ)は、英名dawn redwoodの直訳になります。学名はギリシャ語の「後に」と「セコイスギの属名」が語源となっています。当時、発見した三木茂氏により、セコイアに「後の、変わった」という意味の「メタ」をつけて「メタセコイア」と名付けられました。絶滅した種とされていましたが、1945年に中国湖北省利川市の水杉が同種とされ、現存することが確認されたことから「生きている化石」と呼ばれます。

曙杉(アケボノスギ)について

ヒノキ科メタセコイア属の落葉高木です。中国の四川省と湖北省に自生しています。存在が確認されたのは1941年で、生きている化石として世界中に植栽されています。日本には1949年に渡来しました。

樹高は高さ25メートル〜30メートルに達するものもあります。直径は1.5メートル程です。1cm〜2cm程度の小さな葉は2列対生していて秋に赤茶色に紅葉した後、落葉します。雄雌同株で、花期は2月〜3月です。雄花は総状花序、もしくは円錐花序となって枝から垂下します。枝は落枝で、長さは10cm〜20cm程度です。公園や学校、並木道など全国各地に植えられています。

ヒノキ科について

学名はCupressaceaeです。針葉樹の科で世界的に広く分布しています。約30属140種からなります。高さは1メートル未満から、大きいもので100メートル以上のものなどあります。7つの亜科に分類され、コウヨウザン亜科(コウヨウザン属:コウヨウザン)、アツロタクシス亜科(アツロタクシス属:セラギノイデス)、タイワンスギ亜科(タイワンスギ属:タイワンスギ)、セコイア亜科(セコイア属:セコイア、セコイアデンドロン属:セコイアデンドロン、メタセコイア属:メタセコイア)、スギ亜科(ヌマスギ属:ヌマスギ、スイショウ属:スイショウ、スギ属:スギ)、カリトリス亜科(カリトリス属:ゴウヒ)、ヒノキ亜科(クロベ属:クロベ、ベイスギ、ニオイヒバ、アスナロ属:アスナロ、ヒバ、ヒノキ属:ヒノキ、ベイ匕、サワラ、フッケンヒバ属:フッケンヒバ、コノテガシワ属:コノテガシワ、イトスギ属:イトスギ、ゴールドクレスト、ビャクシン属:ビャクシン、カイヅカイブキ、ネズなど)があります。

まとめ

メタセコイアと呼ばれることも多い曙杉(アケボノスギ)は、英名dawn redwoodの直訳から名付けられました。別名のメタセコイアに関しては、発見者がセコイアの後の、という意味も含め、メタをつけメタセコイアと名付けられました。「生きている化石」とも呼ばれます。樹高は25メートル〜30メートル程度で、公園や並木道、学校などの全国各地に植えられていますので、見る機会も多いです。普段からよく見るアケボノスギが、まさか「生きている化石」というふうに呼ばれているとは想像もできませんでしたね。田舎の学校や公園には至る所にあったりしますので、小さい頃からよく見ていますが、次回見る時はは、また違った角度から観察することができそうです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)