曙草 

曙草 

読み方

あけぼのそう

別名

吉野草(ヨシノソウ)、吉野静(ヨシノシズカ)、キツネノササゲ

科目

リンドウ科センブリ属

学名

Swertia bimaculata

分布

北海道から九州、中国、ヒマラヤなど

開花時期

9月〜10月

花言葉

「今日も元気」

名前の由来

Swertia はオランダ人の園芸家「スエルツ」からきています。bimaculataは2つの斑点がある、という意味です。和名の曙草(アケボノソウ)は、花びらにある斑点を夜明けの星座に見立て名付けられました。

曙草(アケボノソウ)について

リンドウ科センブリ属の越年草です。北海道から九州、中国、ヒマラヤなどに分布し、国内では山地や亜高山の湿原や沢沿いに生えています。草丈は50cm〜100cm程度、茎の断面は四角いです。

花の特徴について

花の色は白色もしくはクリーム色で、花冠は5つに分かれ、内側に少しめくれます。中央に黄緑色の蜜腺があり、先端は黒色の斑点があります。雌しべの周りに雄しべが5本取り囲んでいます。萼片は5枚で尖っています。茎の上部で枝分かれをしていて、その先に花をつけます。

葉の特徴について

10cm程度の長い卵形で対生しています。茎生葉は柄がないことが特徴。葉には3本の葉脈があります。

実の特徴について

熟すると下部が裂け、種子が散布される、蒴果です。

リンドウ科について

学名はGentianaceaeです。リンドウ目に属する双子葉植物の科です。世界の広い範囲に分布しています。一年草または多年草で、葉は鋸歯がなく対生します。リンドウ、センブリなどは薬草としても利用されています。ラテン語の科名も、西洋で初めてリンドウの薬用効果を発見したゲンティウスに由来しています。日本には10属約30種が分布しています。世界には約90属1700種があります。主なものでは、ツルリンドウ属、リンドウ属、シロウマリンドウ属、サンプクリンドウ属、ハナイカリ属、ヒメセンブリ属、ホソバノツルリンドウ属、センブリ属、ベニヒメリンドウ属、ベニバナセンブリ属、トルコギキョウ属、モクベンケイ属などがあります。

センブリ属について

学名はSwertiaL.です。リンドウ科の属の1つです。多年草、一年草または越年草で、葉は対生しています。世界には約80種あり、日本には9種あります。主な種では、ミヤマアケボノソウ、チシマセンブリ、タカネセンブリ、ハッポウタカネセンブリ、エゾタカネセンブリ、ヘツカリンドウ、リュウキュウアケボノソウ、シマアケボノソウ、アケボノソウ、フナシアケボノソウ、シノノメソウ、ソナレセンブリ、イヌセンブリ、センブリ、ムラサキセンブリなどがあります。

まとめ

花びらにある斑点を夜明けの星座に見立てて「曙草(アケボノソウ)」と名付けられました。何ともロマンチックな名前の由来ですね。属名に関しては、オランダ人のスエルツさんの名前と、2つの斑点がある、という意味から付けられています。国内全域の山地や亜高山などに生えていて、白〜クリーム色の花を咲かせます。2つの斑点がかなり特徴的な花で、初めて見る時は珍しくてかなり驚いてしまいます。しかしアケボノソウには斑点が最初からあるものだと、分かれば抵抗なく触ることができます。斑点もキレイなのですが、どこか毒々しさも感じてしまう、模様・色になっていますので、初めて生で見るときなどは予備知識を得てから見た方がいいでしょう。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)