フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

アコンの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

アコンの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

読み方

あこん

別名

クラウンフラワー、カロトロピス、ギガンティア、プア・カラウヌ、カイガンタバコ

科目

ガガイモ科(Asclepiadaceae)カロトロピス属(Calotropis)

学名

Calotropis gigantea

英名

Crown flower, Giant milkweed, Pua kalaunu

原産地

インドから東南アジア

開花時期

1月〜12月

名前の由来

花冠は5裂し、王冠のように見えることから、英名でクラウンフラワー(Crown flower)とも呼ばれます。また、ハワイ王朝最後の王であるリリウオカラニ女王がこよなく愛した花として知られています。恋の神カルマが放つ恋の矢はクラウンフラワーが使われています。バングラデシュでは、根をakond mulと呼んでいて薬用にします。ここから「アコン」の名前はきています。また、海岸近くに生えタバコのような大きな葉をつけることから、カイガンタバコとも呼ばれています。

アコンについて

1954年にスリランカから導入された常緑低木で、インドから東南アジアが原産。乾燥地帯の海岸近くに生育しています。枝先に集散花序をだし4cm程度の白色や赤褐色の花をつけます。茎を切ると毒性のある白い乳液が出ます。ハワイではアイボリー色と薄紫色の花が見られ、民家の庭などに植えられていることも多いです。ハワイやタヒチではレイの素材、インドではシバ神への供花としても利用されています。

花の特徴について

花冠は5つに裂けていて、花は3cm〜6cm程度です。色は淡紫色〜白色があります。

葉の特徴について

大きく肉厚でへら形です。

実の特徴について

花の後にできる実は、熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する、袋果です、長い毛があり、マットなどの詰め物に利用されています。

ガガイモ科について

学名はAsclepiadaceaeです。双子葉植物の科で、低木でつる性のものが多いです。熱帯から亜熱帯に多く分布しています。約250属2700種あり、主に乾燥地帯に生育しています。サクラランやトウワタなど、観賞用に栽培されます。ギムネマはインドで薬用として用いられています。主なもので、ホウライアオカズラ属、チョウトリカズラ属、トウワタ属(トウワタ)、イケマ属(アマミイケマ、イケマ)、マメヅタカズラ属(マメヅタカズラ)、フウセントウワタ属(フウセントウワタ)、サクララン属(サクララン)、キジョラン属(キジョラン、ソメモノカズラ)、ガガイモ属(ガガイモ、セロペギアサンダーソニー)、ルリトウワタ属(ルリトウワタ)、シタキソウ属(シタキソウ、マダガスカルジャスミン)、オオカモメヅル属(ケナシツルモウリンカ)、カモメヅル属(スズサイコ、フナバラソウ、ヒメイヨカズラ)などがあります。

まとめ

ハワイやタヒチではレイの素材としても使われるアコンは、その王冠にも見える花姿から、クラウンフラワーとも呼ばれています。ハワイ王朝最後の王リリウラカラ二女王がこよなく愛したと言われるこの花は、色、形が艶やかで、魅力的な花です。バングラデシュでは根を薬用に用いたりしています。カイガンタバコとも呼ばれたりしますが、アコンやクラウンフラワーの方が呼び方はキレイですね。

ハワイに行ったころある方は特に馴染みが深い花ではないでしょうか。この花を見るだけで、ハワイや海を連想してしまいます。形や色など、他の花とは異なりますが、1つの花だけで成り立つような存在感のある花です。クラウンフラワーという名前が妙にしっくりくる花ですね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)