アコン、アマリリスの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

アコン、アマリリスの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

読み方

あこん

別名

クラウンフラワー、カロトロピス、ギガンティア、プア・カラウヌ、カイガンタバコ

科目

ガガイモ科(Asclepiadaceae)カロトロピス属(Calotropis)

学名

Calotropis gigantea

英名

Crown flower, Giant milkweed, Pua kalaunu

原産地

インドから東南アジア

開花時期

1月〜12月

名前の由来

花冠は5裂し、王冠のように見えることから、英名でクラウンフラワー(Crown flower)とも呼ばれます。また、ハワイ王朝最後の王であるリリウオカラニ女王がこよなく愛した花として知られています。恋の神カルマが放つ恋の矢はクラウンフラワーが使われています。バングラデシュでは、根をakond mulと呼んでいて薬用にします。ここから「アコン」の名前はきています。また、海岸近くに生えタバコのような大きな葉をつけることから、カイガンタバコとも呼ばれています。

アコンについて

1954年にスリランカから導入された常緑低木で、インドから東南アジアが原産。乾燥地帯の海岸近くに生育しています。枝先に集散花序をだし4cm程度の白色や赤褐色の花をつけます。茎を切ると毒性のある白い乳液が出ます。ハワイではアイボリー色と薄紫色の花が見られ、民家の庭などに植えられていることも多いです。ハワイやタヒチではレイの素材、インドではシバ神への供花としても利用されています。

花の特徴について

花冠は5つに裂けていて、花は3cm〜6cm程度です。色は淡紫色〜白色があります。

葉の特徴について

大きく肉厚でへら形です。

実の特徴について

花の後にできる実は、熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する、袋果です、長い毛があり、マットなどの詰め物に利用されています。

ガガイモ科について

学名はAsclepiadaceaeです。双子葉植物の科で、低木でつる性のものが多いです。熱帯から亜熱帯に多く分布しています。約250属2700種あり、主に乾燥地帯に生育しています。サクラランやトウワタなど、観賞用に栽培されます。ギムネマはインドで薬用として用いられています。主なもので、ホウライアオカズラ属、チョウトリカズラ属、トウワタ属(トウワタ)、イケマ属(アマミイケマ、イケマ)、マメヅタカズラ属(マメヅタカズラ)、フウセントウワタ属(フウセントウワタ)、サクララン属(サクララン)、キジョラン属(キジョラン、ソメモノカズラ)、ガガイモ属(ガガイモ、セロペギアサンダーソニー)、ルリトウワタ属(ルリトウワタ)、シタキソウ属(シタキソウ、マダガスカルジャスミン)、オオカモメヅル属(ケナシツルモウリンカ)、カモメヅル属(スズサイコ、フナバラソウ、ヒメイヨカズラ)などがあります。

まとめ

ハワイやタヒチではレイの素材としても使われるアコンは、その王冠にも見える花姿から、クラウンフラワーとも呼ばれています。ハワイ王朝最後の王リリウラカラ二女王がこよなく愛したと言われるこの花は、色、形が艶やかで、魅力的な花です。バングラデシュでは根を薬用に用いたりしています。カイガンタバコとも呼ばれたりしますが、アコンやクラウンフラワーの方が呼び方はキレイですね。

ハワイに行ったころある方は特に馴染みが深い花ではないでしょうか。この花を見るだけで、ハワイや海を連想してしまいます。形や色など、他の花とは異なりますが、1つの花だけで成り立つような存在感のある花です。クラウンフラワーという名前が妙にしっくりくる花ですね。

アマリリスのプロフィール

一般名 アマリリス
学名 Hippeastrum × hybridum
英語名  Amaryllis
別名 ナイトスターリリー、バーバドスリリー
科名 ヒガンバナ科
属名 ヒッペアストルム属
原産地 中南米
草丈 40~60cm
花径 10~20cm
開花時期 4~6月

アマリリスの説明

アマリリスは、ヒガンバナ科の球根植物です。ユリに似た、ラッパのような形をしています。花は大きく、強い香りを持ち、横向きに咲きます。花色は白色、赤色、オレンジ色、ピンク色などがあり模様があるものもあります。学名の「×hybridum」は、「交配種」をさし、交配したさまざまなアマリリスを総称して「Hippeastrum × hybridum」と呼びます。

アマリリスは中南米からオランダ人の手によってヨーロッパに伝わりました。その後日本には江戸時代に入ってきて今に至るまで数多くの品種が作られています。切り花でフラワーアレンジメントに使われるほか、球根から育てて観葉植物として楽しむこともできます。その場合は、球根の栄養を取られないように咲いた花が枯れたら茎を根元から切ることと、
葉が4枚生えると球根の中で花芽が作られるため、葉を多く育てるのがポイントです。

日本で「ホンアマリリス」と呼ばれるものは「アマリリス・ベラドンナ」といいます。ベラドンナというナス科の有毒植物には瞳孔を開かせる成分があり、アマリリス・ベラドンナにもその作用があるため「ベラドンナ・リリー」と呼ばれます。

アマリリスの花言葉

「素晴らしい美しさ」
「おしゃべり」

花言葉の由来とエピソード

アマリリスの名前は、ローマの詩人ヴェルギリウスの詩歌に登場する羊飼いの少女アマリリスに由来しています。アマリリスは羊飼いの少年アルテオに恋をしていましたが、アルテオは花に夢中でアマリリスには目もくれませんでした。そんなアルテオが花を届けてくれる他の少女を好きになってしまいます。ショックを受けたアマリリスが神に祈ると、「この矢で自分を傷つけなさい」と矢を授けられます。アマリリスが言われた通り自分を傷つけると、傷から流れ出た血からとても美しい花が咲き、その花を見たアルテオはアマリリスに恋に落ちました。この花には少女の名前アマリリスが付けられ、花言葉は「素晴らしい美しさ」となりました。

もう一つの花言葉「おしゃべり」は、少女アマリリスがおしゃべりだったという説と、アマリリスの開いた花弁が口元のように見え、花が横向きに咲くことから隣の花とおしゃべりをしているように見えるからという説があります。

アマリリスの属名「Hippeastrum」は、ギリシャ語で騎士を意味する「hippeos(ヒッペオス)」と、星を意味する「astron(アストロン)」を組み合わせたものです。

アマリリスの誕生花日付

5月28日

まとめ

アマリリスは、日本では1968年NHK「みんなのうた」で紹介されていて、歌詞は知らなくてもメロディーは誰でも聞いたことがあると思います。太陽の光がとても大好きで、色とりどりの花がたくさん咲く姿が牧場で元気に働く羊飼いの美しい少女たちのにぎやかなイメージの曲です。アマリリスが横を向いた姿は、本当におしゃべりをしているように見えますよね。アマリリスを花びんに活けたり花束を作ったりすると、とても豪華に見えます。フラワーアレンジメントや生け花に使う場合は、剣山やオアシスにそのまま活けると茎が空洞で柔らかいために、豪華な花を支えることができずに倒れたり折れたりしてしまいますから、ハナミズキなどの、細いまっすぐな他の花材を中に入れて補強するときれいに活けることができますよ。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)