フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

カキツバタの原産地、開花時期、育て方、寄せ植え、花言葉

カキツバタの原産地、開花時期、育て方、寄せ植え、花言葉

カキツバタのプロフィール

一般名 カキツバタ
学名 Iris laevigata
英語名  Rabbitear Iris
別名 杜若 燕子花
科名 アヤメ科
属名 アヤメ属
原産地 日本 朝鮮半島 中国  シベリア
草丈 50~80cm
花径 10~15cm
開花時期 5~6月

カキツバタの説明

カキツバタは初夏に紫色の花を咲かせます。アヤメに似ていますが、アヤメにはある花びらの基部の網状の模様がカキツバタにはないので区別できます。また、カキツバタは湿地に生えますが、アヤメは湿地には生えません。カキツバタが水辺で花を咲かせる姿はとても風情があり「伊勢物語」や「万葉集」に詠まれているように、日本人には古くから親しまれてきた花です。江戸時代に様々な品種改良がおこなわれていましたが、いったん下火になり、また現在品種改良がさかんにおこなわれるようになりました。カキツバタは湿地の植物ということで、育てることが難しいイメージがありますが、意外に手間をかけず育てることができます。ポット苗を観葉植物用の土を入れた鉢植えに植えて、水を溜めた容器に株の根元まで水が浸かるくらいまで沈めて、乾燥させないようにして、ときどき水を入れ替えて栽培します。

カキツバタの花言葉

「幸運はかならず来る」

花言葉の由来とエピソード

カキツバタの名前は、昔はカキツバタの花を布にこすりつけて染料にしていたところから「書付花(カキツケハナ)」といわれており、何回も名前を呼ぶうちに、カキツケハナがカキツバタになったのではないかといわれています

「万葉集」に、恋人が訪れるのをずっと待っている切ない心情を、カキツバタによせて詠んだ歌があります。いじらしい女心を感じさせる紫色の美しいカキツバタの、「待てばかならず幸せがやってくる」いう願いが花言葉になりました。

世阿弥の狂言「杜若(カキツバタ)」で、旅の僧がカキツバタの精と出会う場面があります。そこで旅の僧が「似たり似たりカキツバタ、花アヤメ」といいました。このシーンから、とても良く似ていて優劣をつけにくいときや、どちらかにしようかと迷った時に「いずれがアヤメかカキツバタ」というようになりました。旅の僧がカキツバタの精と出会った場所は、三河の八つ橋(現在の愛知県知立市)です。三河は、在原業平が「伊勢物語」の中で、
「から衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞ思ふ」と、「カキツバタ」の五文字を句の先頭に読み込んだ歌を残したところでもあります。その後、「カキツバタ」といえば「三河」といわれるようになりました。現在カキツバタは愛知県の県花になっています。

カキツバタの誕生花日付

5月11日

まとめ

カキツバタの長い茎、剣のような葉がまっすぐに伸びて、濃い色の花をつけた姿はシャッキリとして、昔ながらの伝統の日本人形に通じる美しさがあります。また、背筋を伸ばし、ピンと伸びたその姿からは、カキツバタが上へ上へと手を伸ばそうとするように感じられます。花言葉の「幸運はかならず来る」というのは、ただじっと動かずに待つのではなく、カキツバタの姿のように、自らの力で手を伸ばしつかみ取っていくことだと教えてくれるような気がしました。カキツバタは深い青色や紫色のものが代表的ですが、白いカキツバタもあります。「雲上の月」という品種ですが、白地に少しうす紫の斑が出るタイプで、月明かりに照らされた姿はとても幻想的で美しいです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)