浅間葡萄の原産地、開花時期、育て方、寄せ植え、花言葉

浅間葡萄の原産地、開花時期、育て方、寄せ植え、花言葉

読み方

あさまぶどう

別名

黒豆の木(クロマメノキ)

科目

ツツジ科スノキ属

学名

Vaccinium uliginosum

英名

Bog bilberry

分布

北海道から本州中部地方

開花時期

6月〜7月

生育地

山地の林の中

名前の由来

属名のVacciniumはラテン語の「vaccinus(牝牛)」からきています。「uliginosum」は湿地に生えるという意味です。

浅間葡萄について

ツツジ科スノキ属の落葉低木です。本州中部以北から北海道の高山に生えています。北半球にも広く分布していて、亜高山帯から高山帯に生育しています。高さは30cm程〜80cm程で倒卵形の葉が互い違いに生えています。初夏に枝先に小花をつけ、液果を結びます。果実は生食のほかに、ジャムや果実酒としても利用されています。浅間山麓に多く野生し、果実を浅間葡萄と呼びます。ブルーベリーのことです。

花の特徴について

紅色を帯びた白い小花をつけます。花冠の先は浅く5裂しています。

葉の特徴について

倒卵形の葉が互い違いに生えています。

実の特徴について

花の後にできる実は、果皮が肉質で液汁が多い液果です。9月頃に熟します。ジャムや果実酒にも利用されています。

ツツジ科について

学名はEricaceaeです。被子植物に分類される科の1つです。約125属4000種程の大きな科で、温帯から寒帯にかけて広く分布しています。木本で石炭質土壌を嫌い酸性土壌に育つものが多いです。主な属は、アセビ属、イソツツジ属、イチゴノキ属、イワナシ属、イワナンテン属、イワヒゲ属、ウラシマツツジ属、エリカ属、カルーナ属、カルミア属、コメバツガザクラ属、シラタマノキ属、ジムカデ属、スノキ属、チシマツガザクラ属、ツガザクラ属、ツツジ属、ドウダンツツジ属、ネジキ属、ヒメシャクナゲ属、ホツツジ属、ミネズオウ属、ミヤマホツツジ属、ヤチツツジ属、ヨウラクツツジ属などがあります。

スノキ属について

学名はVacciniumです。ツツジ科の属の1つです。常緑または落葉の低木で、まれに小高木となります。葉は互い違いに生えギザギザがあるものとないものとあります。世界には約450種があり、北半球の寒い地域に分布するものが多いです。日本には19種が自生していて、ビルベリーやブルーベリーなどが栽培されています。大きくはスノキ亜属(Subgenus Vaccinium)とツルコケモモ亜属(Subgenus Oxycoccus)に分けられます。日本で自生している主な種は、シャシャンボ節、ヤドリコケモモ節、コケモモ節、ナツハゼ節、スノキ節、クロマメノキ節、クロウスゴ節、イワツツジ節、ツルコケモモ節、アクシバ節などがあります。

まとめ

ブルーベリーとして知られている浅間葡萄(アサマブドウ)は、その姿から黒豆の木(クロマメノキ)とも呼ばれます。果実は生食以外にもジャムや果実酒に用いられており、非常に美味しいものとなっています。その名の通り、浅間山麓に非常に多く野生しているのですが、属名は意外で、ラテン語の「牝牛」と「湿地に生える」という意味からつけられています。日本での見た目や利用方法からはちょっと想像がつきにくい属名です。非常にお世話になっている浅間葡萄(ブルーベリー)ですが、今までは浅間葡萄とブルーベリーは全く違うものと認識していたのですが、生育地が違うだけなんですね。浅間山麓に野生しているものの果実を浅間葡萄と呼ぶみたいです。パン好きは人にとっては特に切り離せない植物ですね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)