フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

浅黄水仙の原産地、開花時期、育て方、寄せ植え、花言葉

浅黄水仙の原産地、開花時期、育て方、寄せ植え、花言葉

読み方

あさぎすいせん

別名

フリージア、コウセツラン(香雪蘭)、ショウブスイセン(菖蒲水仙)

科目

アヤメ科フリージア属

学名

Freesia x hybrida

英名

Freesia

原産地

南アフリカ

開花時期

3月〜4月頃

誕生花

「1月10日」「1月18日」「2月2日」「2月11日」「2月13日」「2月14日」「2月22日」「2月27日」「2月28日」「8月20日」「12月17日」

花言葉

「未来への期待」「無邪気」「清香」「慈愛」「親愛の情」「期待」「純粋」「純潔」「憧れ」

名前の由来

和名のアサギスイサンは、明治時代に渡来した淡い黄色の花色とスイセン(水仙)に似た葉をしていることからつけられました。属名のフリージアは、デンマークの植物学者が南アフリカで発見し、親友のドイツ人の医師フリージアの名をつけて紹介したことが由来といわれています。

浅黄水仙(アサギスイセン)について

アヤメ科アサギスイセン属の多年草で、南アフリカが原産です。南アフリカのケープ地方に11種類ほど生育している植物ですが、オランダの品質改良により現在では150種類以上となっています。春に草丈が50cm〜100cmくらいになって、穂状花序をなしてから、白、黄色などの6弁花を咲かせます。香水としても使われています。

フリージア属について

フリージアとはフリージア属の総称をいいます。休眠期は夏でラッキョウによく似た球茎になります。草丈が50cm〜100cmくらいの穂状花序をなし、各色花を咲かせます。黄色、白色のフリージアはキンモクセイのような甘い強い香りがあります。紅、紫系はそれほど強い香りではありませんが、甘酸っぱい果物のような香りがあります。花言葉はフリージアの色によって異なり、白はあどけなさ、黄は無邪気、赤は純潔、紫はあこがれなどあります。

アヤメ科について

学名Iridaceaeです。単子葉植物で、多年草です。世界に66属2000種ほどあり、南アジアなどを除く世界の熱帯から温帯にかけてに分布しています。特に南アフリカへ多く生息しています。アヤメ、ハナショウブ、カキツバタ、グラジオラス、フリージア、クロッカスなど、観賞用に栽培されているものが多くあります。サフランは香辛料として使われます。主な属としては、ホザキアヤメ属、クロコスミア属、サフラン属、チリメンアヤメ属、フリージア属、トウショウブ属、アヤメ属、ヤリズイセン属、イボクサアヤメ属、ニワゼキショウ属、スパラクシス属などがあります。

まとめ

誰もが知っているくらい有名なフリージア。色ごとに花言葉があり、香水などにも使用されています。その和名が浅黄水仙(アサギスイセン)です。ちなみに、黄色、白色のフリージアはキンモクセイのように強い香りがありますが、紅、紫色のフリージアはそこまで強い香りは持っていません。有名な花だけに、花言葉や効能など1つ1つをしっかりと知りたいものですね。いくつかの花言葉は知っていましたが、「親愛の情」「期待」「純粋」などの花言葉も持っているというのは知りませんでした。フリージアの花は知らない人、見たことがない人は少ないと思いますが、香水などの原料になっていることは意外に知らない人が多いのではないかと思います。また、花の色ごとに香りが違うことも有名ですね。色ごとに特徴があり、どの色の花も独特の美しさがあります。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)