ベゴニア・センパフローレンスの特徴、開花時期、花言葉、育て方、寄せ植えについて

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ベゴニア・センパフローレンスの特徴、開花時期、花言葉、育て方、寄せ植えについて

ベゴニア・センパフローレンス

別 名 :四季咲きベゴニア
科 目 :シュウカイドウ科 シュウカイドウ属
原産地 :ブラジル

花の特徴

4月から10月にかけて開花。草の丈は20㎝~30㎝で、花の色は赤、ピンク、白。園芸用として公園などの花壇に良く見られます。主に一重咲きですが、八重咲きのものもあります。葉も緑葉以外にも銅葉(赤褐色を帯びたもの)もあります。

花の育て方

夏は涼しい半日陰で育てます。ベゴニアは越冬できないことために一年草という紹介がなされる向きもありますが、本来多年草で、冬の間は15℃以上の気温を保ち室内で管理すれば、枯れることなく次の年も楽しませてくれます。用土は、水はけのよい軽めの土を用います。最近ではベゴニア専用の培養土もありますが、自分で配合する場合には、小粒の赤玉土3、ピートモスまたは腐葉土3、バーミキュライト3、鹿沼土1などで混合したものを利用します。元肥は緩効性化成肥料とし、初夏と秋の生育期に液体肥料や緩効性化成肥料を加えます。春から秋にかけて、乾いたらたっぷりと水をやり、冬期には乾燥気味に管理します。花がたくさん咲き始めたら、肥料を少しずつ控えていきます。
ベゴニアは放っておくと縦にも横にも広がります。コンテナで育てるときは、葉と葉が密集して腐らないようにするために、株と株との間は5から6㎝開けます。また、長く伸びきったものは見た目が不格好となるため、伸びている茎は思い切って剪定をすることで新芽がでて、美しい花を咲かせていきます。

花の楽しみ方

コンテナに数株植えることが多いのですが、ここにミニヒマワリやヒャクニチソウなど草丈の伸びる草花を植えると、開花した時にキレイに見えません。同じベゴニアの色違いを用意し、二つの花色だけで寄せ植えにするとか、シロタエギクを刈り込んで、草丈を低くしたものと寄せ植えすると、見栄えがします。

一緒に植えたい草花

イソトマ,ジニア・リネアリス

解 説

熱帯・亜熱帯原産のベゴニアは、原種だけで1500種、交配種では1万種を超えるといわれます。なかでも四季咲きベゴニアは直射日光にも耐性があり、丈夫で育てやすく、ガーデニング初心者の方にもお勧めです。
センパフローレンス(Semperflorens)は、「絶えず花が咲く」という意味で、1年を通して長い間、開花を楽しむことができる点も人気の要因となっています。屋内外で成長させることができ、一度きれいに咲かせてコツをつかめば、次々と育てたくなる魅力ある花です。風水によれば、ベゴニアは魂を清め、素直になれる心を植え付ける花であるとされています。ベゴニアを身近に感じることで、清らかな気持ちで日々の生活を送ることが期待できそうです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)