フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

アイスランドポピーの特徴、開花時期、花言葉、育て方、寄せ植えについて

アイスランドポピーの特徴、開花時期、花言葉、育て方、寄せ植えについて

アイスランドポピー

別 名 :シベリアヒナゲシ
科 目 :ケシ科 ケシ属
原産地 :北アメリカ,ユーラシアの亜北極圏,ヨーロッパ中部など

花の特徴

3月から5月にかけて開花。草の丈は、30~50㎝。径7~8㎝の大輪の4弁花を咲かせ。紙細工のような花をつけ、花の色は白、紅、黄、ピンク、橙黄、橙紅などがあり、色鮮やかに咲きます。 9月末から10月中旬ごろが適期です。育苗箱に播く場合は、タネが小さいので厚播きにならないよう注意します。好光性種子ですので覆土はしません。発芽後、本葉2~3枚のころに根をいためないようポリポットに丁寧に植え替えます。ポリポットに播いた場合は、発芽後、徐々に間引いて丈夫な苗を1本残します。ポットに根が回ったら定植します。成長が早いので時期が遅れないようにします。
花壇に植える場合は酸性土壌を嫌いますので、植えつけ前に苦土石灰を1㎡当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥を1㎡当たり10Lほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから日当たりと水はけのよいところに植えつけます。植えつけ時に化成肥料を1㎡当たり30gほど庭土に混ぜて植えつけます。追肥は、さほど必要ありませんが、花期が長いので必要なら化成肥料を追肥します。
鉢植えの場合、市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。花壇同様、日当たりのよいところで育てます。植えつけ時に緩効性の化成肥料を用土に混ぜ込みます。春になって株の状態を見て、必要なら液肥を与えます

注 意

・ 育苗時に高温多湿になると立ち枯れ病が出やすいので、間引きや消毒で予防します。低温多湿時には灰色かび病にかかることもあります。
・ 立枯病が発生するので、ケシ属の草花との連作は避けるようにします。

花の楽しみ方

種まきで比較的簡単に育てる事ができ、こぼれ種で翌年も花を咲かせます。花茎が長く伸び風になびきますが、茎が丈夫なので倒伏しにくいです。繁殖力が高いことからガーデニングにもよく用いられています。
次々に蕾が上がってくるので開花期は少し長めで、切花もたくさん取れます。ワイルドフラワーガーデンの中段に群植すると見ごたえがあります。

一緒に植えたい草花

スイセン,カレンデュラ

解 説

日本で栽培されるポピー類のなかで最も早く開花するのがアイスランドポピーです。シベリアや中国北部に自生しています。本来は宿根草ですが、夏の暑さに弱いので秋播き一年草として扱われます。シベリアが原産でもあることから、和名では「シベリアヒナゲシ」ともいい、「ケシ」のなかでは最も広く栽培されています。耐寒性はありますが、暑さに極端に弱いため、夏越しはできません。
紙細工のような薄い花びらが、暖かい色に染まって春の訪れを知らせてくれます。風に揺れるさまは、とてもさわやかな気持ちにさせてくれます。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)