フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

アリウムの特徴、開花時期、花言葉、育て方、寄せ植えについて

アリウムの特徴、開花時期、花言葉、育て方、寄せ植えについて

アリウム

別 名 :ハナネギ
科 目 :ユリ科
原産地 :ヨーロッパ,アジア,北アフリカ,北アメリカ

花の特徴

4月から6月にかけて開花。開花期は主に春~初夏で花茎を長く伸ばし、その先端に小花がボール状にまとまって咲きます。花序(ボール状の花のかたまり)の直径は種により異なります。花の色は白、青、紫、黄、ピンクがあり、草丈は20~100㎝になります。

花の育て方

球根の植えつけは10月上旬~11月上旬が適期です。
花壇に植える際には、酸性土壌を嫌いますので、苦土石灰を1㎡当たり100gほど撒いて耕しておきます。1週間ほどしたら、堆肥を1㎡当たり5kgほど入れて、化成肥料と一緒に庭土とをよく混ぜてから、日当たりと水はけの良いところに植え付けます。夏の高温多湿に弱いので、夏は日陰になる落葉樹の下などが最適です。植え付けの深さは、大球は10~15㎝、中球は5~10㎝、小球は5cmとし、株間は大球で25~30㎝、中球は15~20㎝、小球は10~15㎝ほど取るようにします。多肥にすると球根が腐りやすくなるので注意します。
鉢やプランターは、市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを用います。植え付けの深さは大球は5㎝、中球は5㎝、小球は3cmとし、大球は6~7号鉢に1球、中級は6~7号鉢に3球、小球は6号鉢に5球を目安として植えます。花壇と同様、日当たりのよいところに置くようにします。水やりは表土が乾いてから施します(冬は月1回)。植えつけ時に緩効性肥料を与え、暖かくなったら花が咲くまで液肥を月2~3回与えるようにします。

注 意

アブラムシが発生したら、オルトラン剤などの殺虫剤を与えて対処する。

花の楽しみ方

アリウムには約700種の野生種があり、ニンニクやネギも同じ仲間です。主に、花茎が長い大型種は切り花として、また花茎の短い小型種は花壇用に利用されています。葉のない長い花茎とその頂部に傘形または球状の花序がつく姿はほかの草花にはないユニークさがあり、また花もちもよいので、生け花やフラワーアレンジメントに利用され人気があります。花壇でも、ギガンチウム(Allium giganteum)のような巨大な球状の花は存在感があります。

一諸に植えたい草花

ギボウシ,シラン

解 説

アリウムの仲間は北半球に3000種以上が分布します。アリウムの名称は学名(Allium)と同じで、ネギやニンニク、ラッキョなどの学名はいずれも名前の始めにAlliumuがつきます。Allium(アリウム)は 「ニンニク」の古いラテン名で、「匂い」という意味の言葉が語源とされています。それらのうち食用の種を除き、鑑賞用に栽培されるものを「アリウム」と総称しています。
品種は豊富で、花姿はさまざま。草丈も大型から小型まで揃い、茎の頂部に丸いつぼみをつけるのが特徴です。耐寒性があり、育てやすい点も魅力の一つです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)