アリウム、エリカの特徴、花言葉、育て方

アリウム、エリカの特徴、花言葉、育て方

アリウム

別 名 :ハナネギ
科 目 :ユリ科
原産地 :ヨーロッパ,アジア,北アフリカ,北アメリカ

花の特徴

4月から6月にかけて開花。開花期は主に春~初夏で花茎を長く伸ばし、その先端に小花がボール状にまとまって咲きます。花序(ボール状の花のかたまり)の直径は種により異なります。花の色は白、青、紫、黄、ピンクがあり、草丈は20~100㎝になります。

花の育て方

球根の植えつけは10月上旬~11月上旬が適期です。
花壇に植える際には、酸性土壌を嫌いますので、苦土石灰を1㎡当たり100gほど撒いて耕しておきます。1週間ほどしたら、堆肥を1㎡当たり5kgほど入れて、化成肥料と一緒に庭土とをよく混ぜてから、日当たりと水はけの良いところに植え付けます。夏の高温多湿に弱いので、夏は日陰になる落葉樹の下などが最適です。植え付けの深さは、大球は10~15㎝、中球は5~10㎝、小球は5cmとし、株間は大球で25~30㎝、中球は15~20㎝、小球は10~15㎝ほど取るようにします。多肥にすると球根が腐りやすくなるので注意します。
鉢やプランターは、市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを用います。植え付けの深さは大球は5㎝、中球は5㎝、小球は3cmとし、大球は6~7号鉢に1球、中級は6~7号鉢に3球、小球は6号鉢に5球を目安として植えます。花壇と同様、日当たりのよいところに置くようにします。水やりは表土が乾いてから施します(冬は月1回)。植えつけ時に緩効性肥料を与え、暖かくなったら花が咲くまで液肥を月2~3回与えるようにします。

注 意

アブラムシが発生したら、オルトラン剤などの殺虫剤を与えて対処する。

花の楽しみ方

アリウムには約700種の野生種があり、ニンニクやネギも同じ仲間です。主に、花茎が長い大型種は切り花として、また花茎の短い小型種は花壇用に利用されています。葉のない長い花茎とその頂部に傘形または球状の花序がつく姿はほかの草花にはないユニークさがあり、また花もちもよいので、生け花やフラワーアレンジメントに利用され人気があります。花壇でも、ギガンチウム(Allium giganteum)のような巨大な球状の花は存在感があります。

一諸に植えたい草花

ギボウシ,シラン

解 説

アリウムの仲間は北半球に3000種以上が分布します。アリウムの名称は学名(Allium)と同じで、ネギやニンニク、ラッキョなどの学名はいずれも名前の始めにAlliumuがつきます。Allium(アリウム)は 「ニンニク」の古いラテン名で、「匂い」という意味の言葉が語源とされています。それらのうち食用の種を除き、鑑賞用に栽培されるものを「アリウム」と総称しています。
品種は豊富で、花姿はさまざま。草丈も大型から小型まで揃い、茎の頂部に丸いつぼみをつけるのが特徴です。耐寒性があり、育てやすい点も魅力の一つです。

エリカ

別 名 :ヒース
科 目 :ツツジ科 エリカ属
原産地 :ヨーロッパ

花の特徴

10月から4月に開花します。色はピンク、白、赤。草丈は40~120㎝。通常は20~30㎝前後の鉢植えのものが販売されています。小さな花を枝にこぼれそうなくらいつけます。花の形にはスズランのようなものや、細長い筒状の花をつけるものがあります。

花の育て方

一般には12月に園芸店に開花株が出るので、それを買って鉢植えで栽培します。やや酸性の土壌を好むので、鹿沼土とピートモスを7:3程度に混ぜ合せた用土などを使います。日当たりと風通しの良いところで育てます。ただし、暖地の場合は、夏は半日陰~明るい日陰に移します。過湿を嫌うので、長雨が続きそうなときは、雨の当たらないところに移します。水は土の表面が乾いたら与えるようにします。乾燥にも弱く、水切れした株は元に戻りませんので注意します。植え替えは、毎年、若しくは2年に1回、4~5月頃行います。開花株は、総じて鉢が小さく、根詰まりしている場合が多いので、根鉢を少し崩して、一回り大きい鉢に植え替えます。元肥として緩効性肥料をすき込み、植えつけ、春と秋に液肥を月2回ほど与えます。多肥になると花付きが悪くなります。また、庭植えにしたものは、冬に寒肥を施します。

注 意

アブラムシやカイガラムシがつくことがあります。

花の楽しみ方

わが国では、庭植えなどでよく見かけるポピュラーなジャノメエリカをはじめ、鉢物として40種、50品種くらいが流通しています。草姿や開花期、花色、花形など変化に富み、壷状やベル形のものから細長い筒状のものまであり、雄しべの葯が黒く目立って、蛇の目のように見えるものも多くあります。また、イギリスなどのヒースランドを形成している種類は耐寒性が強く、寒冷地ではグラウンドカバーとしても利用されます。

一諸に植えたい草花

ガーデンシクラメン,ハツユキカズラ

解 説

エリカ属には740種があるといわれ、そのうち16種がヨーロッパに、ほかの大部分のものは南アフリカに自生し、流通しているのは殆ど南アフリカ原産です。
名前はギリシア語のエイレケー(砕くの意)に由来し、体内の胆石をとる(砕く)薬効があるとされていたため、そのような名前が付けられたともいわれています。葉は短い針型や線形で、枝にびっしりと付く姿は、枝に葉が生えているといった感じです。花はタマゴ型や壺状の小さな粒々のもの、紡錘形などがあります。南アフリカ原産種は日本の気候に適し、冬咲きのものが大半を占め、一部品種が庭木や鉢花として定着しています。耐寒性があり、種によっては-8℃くらいまで耐えます。ヨーロッパ原産種は日本では庭木としてあまり栽培されておらず、高温多湿が苦手な反面、耐寒性に大変優れ、-15℃~-20℃まで耐えます。
繊細な枝に小さな花がびっしりと咲くため、株全体を見るとにぎやかな印象を受けますが、一つ一つの花も可憐で個性豊かです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)