フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

イベリスの特徴、開花時期、花言葉、育て方、寄せ植えについて

イベリスの特徴、開花時期、花言葉、育て方、寄せ植えについて

イベリス

別 名 :キャンディータフト,マガリバナ
科 目 :アブラナ科 イベリス属
原産地 :南ヨーロッパ, 北アフリカ

花の特徴

3月~6月にかけて開花します。花は径1cmほどと小さく、4枚の花びらをもち、外側2枚が大きく、内側2枚が小さくなっています。それらが一か所にまとまってついて、ボール状になって花を咲かせます。開花期は株が花でいっぱいになります。開花。花の色は白、紫、ピンク、赤などがあり、草丈は20~60㎝です。

花の育て方

種は9月下旬~10月上旬に播きます。直根性で移植を嫌うために、ポットかセルトレイに直接播きます。株間は20㎝程度とします。セルトレイに播いた場合は、根が回ってきたらポットに植え替えます。ポットに播いた場合は、丈夫な苗を1本を残して間引きして育て、ポットに根が回ったら定植します。日当たりと風通しのよい場所、水はけの良い肥沃な土壌を好みます。酸性土壌を嫌うので、植えつけ前に苦土石灰を撒いて庭土とよく混ぜておきます。肥料は元肥として緩効性肥料をすき込み植えつける程度で、追肥は必要ありません。過湿に弱く、水は土の表面が乾いたらたっぷり与えるようにします。

注 意

アブラムシがつくことがあります。

花の楽しみ方

園芸でよく育てられているものには、花壇や鉢植え、切り花などに利用され、広く栽培され園芸品種が多いアマラや、白い花をつけ芳香があるオダラータ、カラフルでピンク、藤色、紫などの花を咲かすウンベラータ、多年草で白や紅色、八重咲きの園芸品種があり、花壇植えやロックガーデンに利用されるセンペルヴイレンスなどがあります。

一諸に植えたい草花

ハボタン(葉牡丹), ガーデンシクラメン

解 説

主に春に花を咲かせ、毎年開花する多年草と花後に枯れる一・二年草があります。
スペインの昔の国名イベリアに由来し、この地域に多く自生していることからつけられました。中国名では屈曲花(マガリバナ)と呼ばれ、これは太陽を向く性質が強くて花茎が曲がりやすいことに由来します。英名はキャンディタフトで「お菓子の花」という意味です。日本に入ってきたのは1870年頃とされています。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)