フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ラナンキュラスの育て方と黄色、ピンク、赤の花言葉

ラナンキュラスの育て方と黄色、ピンク、赤の花言葉

基本情報

科目:キンポウゲ科キンポウゲ(ラナンキュラス)属
別名:ハナキンポウゲ
原産地:ヨーロッパ南東

ラナンキュラスの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介させて頂くラナンキュラスですが、こちらは3~5月の短い間に花を咲かせる多年草です。草丈は30~50センチと比較的小柄で育てやすい大きさで、和紙のように薄い花びらが幾重にも重なった美しい姿が特徴的です。また、その花色はピンク、赤、オレンジ、白、黄色などバリエーションが非常に豊かで、大輪の種類になりますと花径は15センチにもなります。そして、「ラナンキュラス」という呼称ですが、これは「カエル」という意味で、由来はこの属の多くの種が湿地帯などに多く生育するためというものがあります。花言葉としては、「魅力的」「晴れやかな魅力」「光輝を放つ」などの意味があります。甘い香りを漂わせながら咲く大輪の花穂に相応しい、燦爛とした花言葉ですね。

ラナンキュラスの上手な育て方

育て方としては、園芸初心者の方ですとなかなか育て応えがありたっぷりと楽しめるお花です。毎日のお手入れとしては、枯れた花の切り落としをこまめに行うことが大切になってきます。ここで、完全に枯れるまでは待たずに花びらの縁が茶色く枯れ始めた頃に切ってあげることがコツになってきますね。あまり長くつけて置くと見た目も悪いですし、余分な栄養が取られてしまいます。また、葉が黄色く枯れてきたことを確認しましたら、球根を掘り上げ乾燥させてから涼しい場所に貯蔵しておきます。置き場所としては、日の良く当たる場所で育てるといいですね。寒さには比較的強いため霜や凍結に気をつけることで冬越しは可能ですが、出来る限り寒風の直接当たらない場所に移動すると無難です。ただ、あまり暖かい場所に置きっぱなしにしておくことで球根の締りが悪くなりますので、ある程度涼しい場所で育てることも必要になってきます。こういった温度調節でなかなか手こずりますね。
水遣りとしては、土の表面が乾いた事を確認してから与えると良いですね。ただ、乾燥させても葉がすぐに黄色く枯れ、多湿にしますと球根が腐り駄目になってしまいますので水遣りにも十分に留意が必要です。

ラナンキュラスに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、リナリアなどの密に小花を咲かせるお花ですとラナンキュラスの幾重にも重なって出来上がった大輪とのコントラストがよく効くのではないでしょうか。また、ラナンキュラスの茎のラインを強調したいという方は、クリムソンクローバーなどの背丈のやや低い謙虚に葉を茂らせるお花が良いかもしれませんね。リナリア、クリムソンクローバーは共にラナンキュラスと開花期がよく似ているため、手軽に寄せ植えを楽しむことができます。

まとめ

今回はラナンキュラスについてまとめさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。執筆者としては、ラナンキュラスは非常に絵に描いたように美しい花である印象が強く、ラナンキュラスが咲いたのを見るとまるでユートピアに来たのではないかという感覚に襲われるほどです。「晴れやかな魅力」という花言葉さながら花の中の女王のような堂々とした輝きが感じられますね。また、ラナンキュラスの茎の色は非常にみずみずしい黄緑色で、他とは異なったやわさや春の花らしさというものが感じられます。また、種となる園芸種の花色としてはピンク色がよく知られていますが、幾重にも重なった希薄な花びらは、バラに似ているようで似ていなく、またバラよりも女性らしさが強く感じられます。こういった点で私達を誘惑するラナンキュラスに乗せられて、園芸の魅力に取りつかれるのも悪くないのかもしれませんね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)