育てやすい種類!ラベンダー、チューリッの初心者でもわかる育て方

育てやすい種類!ラベンダー、チューリッの初心者でもわかる育て方

基本情報

科目:シソ科ラベンダー属
別名:クンイソウ
原産地:地中海沿岸

ラベンダーの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介させて頂くラベンダーですが、こちらは4~7月の間に花を咲かせる常緑性の植物です。草丈は20~130センチと品種によって非常にバラつきがあり、花壇の植え込みやコンテナでの栽培などに多く利用されていますが、葉などに純良な芳香があり、蒸留して得られたエッセンシャルオイルは香水や香料の材料にも使われます。。北海道富良野のラベンダー畑は非常に有名ですね。細く切れ込まれたような羽根状の葉の中心から花茎を伸ばし、先端に小さな花を穂状に幾つもつけます。花色は紫、白、ピンクなどがあり、草姿も品種によってたくさんの種類があります。花言葉としては、「沈黙」「私に答えてください」「期待」「不信感」「疑惑」といったさまざまな意味があります。憂いを帯びたような深い紫色の花穂に似つかわしく哀愁の漂う花言葉ですね。

ラベンダーの上手な育て方

育て方としては非常に育て応えがあり、園芸上級者の方でも育て甲斐があり万人が楽しめるお花です。毎日のお手入れとしては、花穂の切り落としが重要になってきます。この作業は、花が満開になる前に、収穫も兼ねた株の消耗を抑えるための大切な作業です。ヨーロッパ生まれのラベンダーは暑さに非常に弱いため、夏になると全体的に弱ることが多いのです。ですから、夏に向けて切り落としを行い株の体力を温存しておきましょう。置き場所としては、よく日の当たる場所に置くと良いですね。ラベンダーは生育に何よりも日光を欲しがる植物ですので、日照不足は避けましょう。また、暑さには弱いですが寒さには比較的強いため、霜や凍結が無ければ冬越しが十分に可能です。水遣りとしては、土は常に乾燥気味を保つようにするために土の表面が乾いた事を確認してから与えるようにしましょう。

ラベンダーに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、バーベナなどの整った形の小花を密に咲かせるお花ですとラベンダーとの自然なコントラストが生み出せるのでは無いでしょうか。また、バーベナは背丈も小柄で大きくても30センチとラベンダーのための栄養も吸い取られずに寄せ植えには大変お手軽で一緒に育てやすいお花です。ピンクのバーベナですとラベンダーの大人しめの紫と細かく茂った謙虚な葉が引き立ち春の訪れらしい花壇を作ることができるのではないでしょうか。

まとめ

今回はラベンダーについてまとめさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか。執筆者としては、ラベンダーといえば大変身近な存在であるお花のひとつで、或いは小さい頃からお庭で一緒に育ってきた人間にとって思い入れの強いお花で…という印象が大変強いですので、「疑惑」や「不信感」といった花言葉を聞いたときには驚きました。驚きといいますか、本来の花としての魅力を感じられたという方が妥当に思います。また、嗅ぎ慣れた芳しい芳香は春、または春の代表である花畑を連想させるような香りで春の花の代表のひとつであると言っても過言ではありません。また、この芳香は科学的にも気持ちを落ち着かせる鎮静作用があると言われており、是非人間にとって寄り添っていて頂きたいお花ですね。

チューリップ

科目 ユリ木ユリ科  別名 和名 鬱金香    原産地 トルコなど

チューリップの説明

誰もが知っている人気の花です。色とりどりのチューリップが春のお庭に色づくと、その一本一本それぞれに親指姫が眠っているような優しさを感じ、ふっと広げてみたくなることもあります。その種類は両手のひらを丸く合わせたような、典型的な花の形から、八重咲き、フリンジ咲きなど,それこそ、一重から八重まで多種多様です、色は青色以外ほどんどあり、歴史的にも愛好家が多く、品種改良が重ねられ、数百種類の品種をもつ花です。

チューリップの育て方

種から育てるのには、5年以上かかり、球根で栽培されるのがほとんどです。園芸初心者でも育てやすい品種です。

園芸店に秋ごろ球根が出回ります。寒さに当てないと、芽は出ませんので、植え付けが遅れると大変ですが、最近は残暑が続くので、10月頃から11月までに植えるようにしています。プランターでも栽培可能、10センチ以上の深さに植え付けます。浅うえだと茎が十分に伸びないことがあります。花数を多くして、華やかにしたいときは、株間は少なく取って、びっしりと置いて大丈夫です。一つのプランターに10球以上植えつけます。その後の管理は水や肥料は控えめに行ってください。チューリップは、水はけの良いところが好きです。球根として地中に長く残るので、水分の与えすぎは要注意です。

開花後、分球し、球根が残ることもありますが、花色や形も変わるので園芸店などから毎年購入するのが、ベストです。次の年も咲かせたいと思われるなら、早目に花だけ摘み取り、葉をつけた状態で管理します。葉が球根を育てます。梅雨が来る前には,掘りあげて、涼しいところで管理します。

チューリップと 一緒に植えたいお勧めの花

植えつけてから、開花までに時間がかかることから、同じ時期に育てることができるパンジー、ビオラなどと植えつけると冬の花色の少なくさびしい時期も、彩りが添えられます。チューリップの開花時期になると、パンジーやビオラの上にぐんとチューリップが顔を出し、お庭に春のはなやかさをもたらします。開花スケジュールにあわせて、多種の花を寄せ植えするとより楽しさが増します。色や品種による草たけの違いも上手に考慮して、プランターや春のお庭造りを考えてみませんか?

まとめ

毎年、百個近くチューリップの球根を購入し、プランターに植え付けています。寒さの厳しい2月をすぎ、3月にひょっこり、顔を出した、チューリップのやわらかな芽に春の訪れを感じます。今年は、ムスカリという紫色の控え目で比較的開花期間の長い花の球根も一緒に植え付けてみました。一株の花数も多く草たけも低く、意外と似合っていました。チューリップには、様々な品種があるので、毎年 違う品種を植え付け、楽しんでいます。赤や黄色をたくさん購入し、他の色もさまざまにコーディネイトします。プランターの置き方でもお庭の変化が楽しめます。

また、すきっとしたガラスの器などに、葉もつけた状態で、カットして、一輪ざしで楽しんでも素敵です。

チューリップのふっくらと肉厚のみずみずしい花びらとそのやさしい丸い形を見ていると、ほかの花にはない、いやしと満足を感じます。一株でもすくっと伸びた長い茎にりんとした美しさがあり、見ごたえのある春の代表選手と言える花でしょう。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)