フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ルピナスの育て方と種のまき方!色別の花言葉とは?

ルピナスの育て方と種のまき方!色別の花言葉とは?

基本情報

科目:マメ科ハウヒチマメ(ルピナス)属
別名:ノボリフジ
原産地:北アメリカ

ルピナスの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介させて頂くルピナスですが、こちらは4~6月の短い間に花を咲かせる一年草、二年草または多年草です。草丈は20~150センチと品種によって非常にバラつきがあり、昔は食料や肥料として利用されていました。葉は人間の手のひらを開いた指のような形で、花穂を長く伸ばし蝶のような形の花を幾つも咲かせます。花穂は種類によっては70センチを超えるものもあり、黄、オレンジ、赤、青、紫、白、ピンクなどの非常にたくさんの色の花を咲かせます。別名に記載しました「ノボリフジ」は、この花穂の長細い形に由来すると考えられています。花言葉としては、「想像力」「いつも幸せ」「あなたは私の安らぎ」「貪欲」といった意味があります。特に「貪欲」という意味などは、どんな花にも負けないような壮健な生育力と数え切れないほどに咲かせるその花からひしひしと伝わってきます。

ルピナスの上手な育て方

育て方としては、非常に育て応えがあり園芸上級者の方から初心者の方まで十分に楽しんで頂けるお花です。毎日のお手入れとして、枯れた花をこまめに摘み取ることが大切になってきます。また、満開を過ぎてかれた頃に一番花をつけた花穂を切り取ってワキ芽を出させると、1シーズンに2回花を楽しむことが出来ますよ。ここで、花がらの処理をしないでおきますと株が弱り2回目を楽しめない可能性がありますので花がら摘みは大切ですね。置き場所としては、よく日の当たる場所に置いて育てるのが無難ですが、日陰でも耐えることが出来ます。寒さには非常に強いお花ですが、-5℃を切って凍結が起こると生育は止まり駄目になってしまいますので、霜と凍結には十分に注意が必要です。また、暑さには非常に弱く25℃(夏日ほど)を超えると生育がとまりますので暑さには寒さ以上に留意が必要ですね。

ルピナスに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、ヤグルマギクなどの葉がしつこく茂らず、ひとつの茎にひとつの花をつけるタイプのシンプルなお花ですと、ルピナスの花の豪華で壮健な草姿とのコントラストが美しく映えるのではないでしょうか。また、ヤグルマギクの開花期はルピナスとよく似ており、ルピナスの咲き終わりの余韻として残るヤグルマギクの切なげな紫の花姿も大変趣き深いのでしょうね。

まとめ

今回はルピナスについてまとめさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか。執筆者としては、ルピナスといえば花姿の情報量が大変多く子どもの頃の好奇心をくすぐるような面白いお花のように思います。マメ科ということもあり、特徴的な絹のようでしかし剛健な花穂は楽しめば楽しむほど価値が出てきます。肥料が少なくとも色も質も良い花をたくさん咲かせてくれるその生命力は、負けず嫌いな女性の芳しさと力強さを表しているようにも見えつい応援したくなってしまいますね。育て方は勿論、寄せ植えの仕方や他の花との合わせ方、どう楽しむか、楽しんでもらうかなど生育に非常に手間のかかるお花のひとつですが、だからこそ皆様にもルピナスの面白さや育て甲斐を感じて頂きたい、と切に願っています。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)