フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

忘れな草の花言葉と上手な育て方のコツ

忘れな草の花言葉と上手な育て方のコツ

基本情報

科目:ムラサキ科ワスレナグサ属
別名:ミオソティス
原産地:ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ

忘れな草の特徴、花言葉

さて、今回ご紹介させて頂く忘れな草ですが、こちらは3~6月の短い間に花を咲かせてくれる一年草または多年草です。草丈は10~50センチと小柄で可愛らしい背丈で、一般にコンテナなどでよく育てられています。葉は楕円形で舌状になっており、モスグリーンの深い緑色をしています。花は大きくて8ミリ程度でブルーや白、ピンクなどの花びらを黄色や白の花芯の周りにつけます。また、忘れな草も品種によって草姿が変わり、株元から枝を伸ばしてよく茂るものなどは謙虚な花穂の中にも清栄とした印象を受けて大変好ましいですね。気になる花言葉としては、「私を忘れないで」「真実の友情」「まことの愛」などといった意味があります。

忘れな草の上手な育て方

育て方としては非常に易しく、園芸初心者の方でも気軽に楽しんで頂けるお花です。毎日のお手入れとしては、花がら摘みが重要になってきます。枯れた花を放って置くと余分な栄養が取られてしまい次の花付きに影響がでますし、そこからカビなどの病気が発生する可能性もあります。置き場所としては、日の良く当たる場所で育てるといいですね。ただ、直接強風に当たると葉や花がすぐに傷んでしまいますので、ひらけた場所などは避け他の花と合わせて植えるのがいいかもしれませんね。また、寒さには非常に強く寒冷地でも問題なく冬越しができますが、暑さには弱く気温と湿度が著しく上昇する梅雨に入りますと溶けるように枯れて無くなってしまいます。日本で栽培されている忘れな草の多くが一年草として扱われているのは、このためなのです。水遣りとしては、水切れを起こさないように土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。冬でもあまり乾燥させすぎますと葉がすぐに枯れてしまいますので、土壌はやや湿り気のある状態に保っておくといいですね。特に忘れな草は水切れを起こしやすいお花ですので、お店で苗を買う際も水切れを起こしていないかしっかりと吟味しましょう。

忘れな草に合う花って?

一緒に植えたいお花としては、パンジーやビオラなどのひとつの茎にひとつの花をつけるタイプのお花ですと忘れな草の細やかな葉の茂りや丁寧に咲かせた小花とコントラストが付き謙虚ながらも目を惹くような花壇になるのではないでしょうか。また、忘れな草のひとつひとつの整った小花から香るみずみずしい芳香を映えさせるためにビオラやパンジーの花色は白や黄色ですと春の訪れらしい暖かさを感じられます。

まとめ

今回は忘れな草についてまとめさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか。執筆者としては、忘れな草は大変思い入れの強い花で尊敬する作家様の小説のタイトルにもなっています。個人的な忘れな草のチャームポイントですと、ブルーデージーやムスカリ、オキシペタラムなどには無い深い青色の花穂のように思います。また、その草姿や茎のライン、細やかに付ける意味有り気な葉はずっと見ていますとインスピレーションが次々と浮かんで来、雨の日の花畑に来たような生鮮さを感じさせてくれます。また、忘れな草は花壇や寄せ植えの脇役として有名なお花ですが、その深い青色と桃色は是非一如の花として味わって頂きたいものです。さり気無く私たちの花壇を着飾ってくれ、時には情趣の深さを教えてくれるそんなお花、忘れな草を皆様も育ててみては如何ですか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)