フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ダイエットに人気!?オオバコダイエットとは

ダイエットに人気!?オオバコダイエットとは

オオバコのプロフィール

一般名 オオバコ
学名 Plantago asiatica
科名 オオバコ科
属名 オオバコ属
原産地 北アメリカ
草丈 30~70cm
花径 穂状の小花
開花時期 4~6月

オオバコの説明

4月~6月ごろ、白い花茎の先に白い小花をたくさんつけます。世界各国で雑草として生えています。栄養の少ない場所や人に踏みつけられるような道端でも育つ丈夫な植物です。

オオバコの花言葉

「白人の足跡」
「耐えしのぶ愛」

花言葉の由来とエピソード

ドイツの城主ヒルデブラント卿には、愛する美しい妻アーメントゥルーデがいました。戦争が始まり、ヒルデブラントはアーメントゥルーデに「オークが葉を茂らせる前に帰ってくるから、お前が最初に私の帰還を迎えてくれ」と言って戦に赴きました。しかしヒルデブラントは、オークが緑の葉を付けても帰ってきませんでした。アーメントゥルーデは夫との約束を守るため、オークの木陰でじっと夫の帰りを待ち続けました。秋になってオークの葉がなくなっても、ヒルデブラントは戻らず、連絡さえもありませんでした。アーメントゥルーデはいつ夫が帰ってきてもいいようにオークの木の下に小屋を作り、なおも待ち続けましたが、月日は流れるばかりでした。村人と城の人たちは城主が戦死したと悟り、悲しみました。しかし、アーメントゥルーデは、夫の死を受け入れられず、ずっと道を見つめ続け、もしかしたら天国の門に夫がいるかもと、迎えに天に旅立ってしまったのです。すると彼女が待ち続けていた場所に、一本の見たことのない草が生えてきました。しばらくするとその草は、道のいたるところで見られるようになりました。オオバコは夫の姿をどこからでも見つけて、一番に迎えに出るためにずっと待っていたアーメントゥルーデの足跡のように見えることから「白人の足跡」という花言葉が生れました。

オオバコの種はいろんな穀物に混ざっていて、各国に輸出したときに種がその地で生えるため世界中で見ることができます。種子は雨に濡れると粘液を出し、靴の裏や衣服などについて運ばれます。オオバコの学名「Plantago asiatica」は、ラテン語で「足の裏で運ぶ」という意味で、アメリカのインディアンたちは、白人たちに付いたオオバコの種が道にこぼれ生えてくるのを見て、「オオバコは白人の歩いた足跡から生えてきた」といっていました。

オオバコは地面に根を張って伸びるため、他の植物が大きくなると日光が当たらなくなり枯れてしまいます。そのためとても丈夫な葉をしていて、他の植物が踏みつけられて折れてしまうような場所でよく育ちます。その姿がじっと耐えているように見え「耐え忍ぶ愛」という花言葉が生れました。

オオバコダイエットとは

オオバコという草を使用した食品を食べるダイエット方法のことです。食物繊維が豊富に含まれているオオバコは、満腹感を得やすいため、ダイエットに効果的だと言われています。食物繊維効果で、便秘解消にもよいです。

まとめ

今は舗装されていない道路は少なくなっていますが、私が子供の頃は舗装されていない道路がいろんなところにありました。オオバコは、本当に丈夫な植物で、車のタイヤで踏まれている場所以外、道路の中央にも生えていたのを覚えています。子供のころ、オオバコでオオバコ相撲をして遊んだことがあります。お互いにオオバコの茎と花の部分を1本持って、ひっかけて引っ張り合い、相手のオオバコを切った方が勝ち、という遊びです。また、葉を折ってゆっくり引っ張ると、葉脈の繊維だけが残り糸でつなげたようになります。何か所も作ると葉の部分と葉脈の部分がしま模様になるのが面白くてオオバコを見つけるとよく遊んでいました。これも、オオバコが丈夫だからできる遊びですね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)