枯れる原因は?ハツユキソウの開花時期・育て方のコツ

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

枯れる原因は?ハツユキソウの開花時期・育て方のコツ


ハツユキソウの基本情報

花 名:ハツユキソウ
科 目:トウダイグサ科
原産地:北アメリカ
開花期:7〜10月
草 丈:50〜100cm
花 色:白
花言葉:好奇心、穏やかな生活、祝福

ハツユキソウの開花時期

ハツユキソウは、北アメリカ原産でトウダイグサ科の一年草です。花名が「ハツユキソウ」というため、冬の植物と勘違いしそうですが、夏に白く色づく葉を鑑賞します。1m程度にまでまっすぐに伸びる茎の頂点付近に小さな花を咲かせますが、ほとんど目立ちません。ハツユキソウは花ではなく、リーフを楽しむ植物です。
花の周囲に、白く縁取られた苞(つぼみを包んでいた葉)を数多くつけ、夏の開花と同時に徐々に覆輪状に白く縁取られていきます。
名前の通り、葉の白い縁どりが、まるで薄く降り積もった初雪の様にみえます。名前もこの様子から由来します。その姿はとても涼しげで、夏の暑さを視覚的に癒してくれる園芸植物として大人気です。茎の下部から生える葉は鮮やかな緑色なので、緑と白のコントラストが美しく、まとめて植えると見事です。
クリスマスの頃に出回るポインセチアと同じユーフォルビア属の植物なので、「サマー・ポインセチア」とも呼ばれます。

ハツユキソウの育て方

ハツユキソウは、日当たりがよく、温暖で乾燥気味の環境を好みます。日照が不足すると、葉っぱの色がくすんできますので注意します。乾燥にはそれなりに耐えますが、土の表面が乾いたら水を与えるようにしましょう。土質については、完熟堆肥や腐葉土の有機質を多めにするなど肥沃にするのに越したことはないですが、あまり気にしなくとも育ちます。非常に丈夫で、病害虫の被害も発生しにくく、基本的には放任でもよく育ちます。
種から育てる場合、4月下旬から5月が適期です。発芽温度が25℃前後と高めなので、暖かい時期が適しています。ハツユキソウは移植を苦手とし、特に苗が大きくなると根を痛めやすくなります。庭やコンテナなどに、直接播いて、発芽後に元気な芽を残して間引く方法がお勧めです。苗から植えつける場合は、根を刺激しないように、優しく植えましょう。
一年草ですが、自然に落ちた種でもどんどん増えるタフな植物でもあるので、他の植物とのボリュームバランスを考えて、増えすぎないように間引いてあげましょう。その後、成長に従って夏までに数回摘心してあげると、わき芽が育ち、ボリューム感のある綺麗なバランスの株に育てる事ができます。

ハツユキソウの寄せ植え

ハツユキソウを使った寄せ植えは、清涼感のある爽やかなイメージの組合せがお勧めです。
他のリーフプランツとの相性も良く、コリウスやヘミグラフィス、アイビーなどと組み合わせると、葉色の美しさが引き立ちます。
また、白い小花を雪の様に咲かせるカラミンサ、白いサルビアコクネシアなどと合わせると、ハツユキソウの涼しさと相性良く、まるで雪が降っているような爽やかな寄せ植えになります。
もし寒色だけで色が寂しいと感じたら、色鮮やかなガイラルディアやケイトウをさし色にしても美しく仕上がります。
また、宿根バーベナ(ピンクパフェ)、カトレアクローバーなどの柔らかい花色の花と合わせると優しげな雰囲気の寄せ植えになります。
基本的にはどんな植物にも合わせやすいですが、やはり頭頂部の白色が特徴的ですので、この白を活かした組み合わせを考えましょう。
また、庭植えの場合、まとめて群植させてもその一角を涼やかに魅せてくれます。

ハツユキソウのまとめ

ハツユキソウは、英名「スノー・オン・ザ・マウンテン」といい、日本には1800年代に渡来したと言われています。その葉色は、初雪が降り積もった様で風情があり、四季の変化を楽しむ日本の文化にマッチしました。100年以上昔に渡ってきたハツユキソウは、日本庭園にもよく似合います。
今では多くの人に愛されて、日本の庭や公園などで多く栽培されています。
ハツユキソウは寒さに弱く、冬が近づき霜が降りる事には枯れてしまいますが、落とした種で翌年の春に元気に育つことが多いです。見かけの繊細さに似合わずとてもタフな性質です。庭に1株植えつけるだけで、毎年楽しむことが出来そうですね。
ちなみに、トウダイグサ科は有毒を含む植物が多く、ハツユキソウの葉や茎の切り口から染み出る乳白色の液は、人によっては皮膚の炎症を起こすことがあります。摘心などを行うときには手袋などを着用して行いましょう。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)