フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

食べてもおいしい菜の花のレシピと菜の花の花言葉

食べてもおいしい菜の花のレシピと菜の花の花言葉

菜の花のプロフィール

一般名:菜の花
学名:Brassica rapa var.
科名:アブラナ科
属名:アブラナ属
原産地:西アジアから北ヨーロッパ
草丈:50cm~1m
花形:4弁花が集まった頭頂花序
開花時期:6~11月

菜の花の特徴

若葉の緑の中に黄色い花、野原や川土手などに一面に菜の花が咲いているのを見ると、春が来たなと感じます。お浸しや天婦羅にしたりして食べられるのも菜の花、観賞用としても、食用としても愛されているお花です。ビタミンCやミネラルが豊富なのも嬉しいです。昔は、菜種油をとるために栽培されていたとか。今は、一面の花畑の景色が楽しめるようになっている観光地も多いようです。

菜の花の花言葉と由来

菜の花の花言葉には、「明るさ」、「快活」、「小さな幸せ」、「豊かさ」、「快活な愛」、「活発」、「元気いっぱい」と、元気いっぱいな言葉が並びます。菜の花は、俳句では晩春の季語になっていますが、イメージ的には、春を知らせる花のような感じがします。菜の花は香りも強いので、菜の花が満開のところに行くと、むせるような香りととともに、春らしさを感じることができます。冬が終わって、春が来て、気持ちが軽くなる、明るくなって元気いっぱいな花のイメージが、そのまま花言葉に投影されているようです。

春らしい姿に由来する菜の花の花言葉、「明るさ」、「快活」、「元気いっぱい」、どれも一面の菜の花畑を見るとうなづける花言葉です。一方で、一輪一輪を見つめると、「小さな幸せ」というのも、納得です。小さな花びらが寄り添って、菜の花になっている、そして集まって、「豊かな」景色を作っている、寄ってみても遠くから見ても、見ごたえのある花です。

菜の花のエピソード

「菜の花ばたけーに、いりひうすれー・・・」という唱歌を、ご存じでしょうか。高野辰之氏の作詞による、「朧月夜」の導入部です。与謝野蕪村は、「菜の花や 月は東に日は西に」と詠み、夏目漱石は「菜の花の遙かに黄なり筑後川」と詠みました。どれも、景色が目に浮かび、自分の中の懐かしい風景と結びついて、その中に自分がいるかのような気がします。

食べておいしい菜の花

菜の花の「菜」は、おさい、おかずの意味を持ち、菜の花は、食用の花という意味です。そんな菜の花ですが、おひたしにしたり、辛し和えや卵とじ、胡麻和えや汁物の具、となんにでも合う使いやすいお野菜です。地中海地方で食べられている、とっても簡単な、でもおいしいレシピをご紹介します。「菜の花のオリーブオイル煮」、オイル煮といっても、煮込むわけではなく、炒め煮という感じです。オリーブオイルをフライパンに流し、好みでニンニクを炒めます。そこに菜の花をたっぷり入れて、ふたをして2分くらい、しんなりしてきたら、軽く塩コショウをします。レモンかプレーンヨーグルトを添えていただきます。冷やして食べてもおいしいです。菜の花の苦味が、元気にしてくれる、そんな味です。一面の花を見るのも楽しいですが、菜の花は、身近な人と一緒に、菜の花料理を食べながら、「小さな幸せ」を感じるのも良いなあと思います。花束でプレゼントして、それをお料理、というのも良いかもしれません。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)