フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

初心者でも育てやすい♪あさがおの特徴と花言葉について!

初心者でも育てやすい♪あさがおの特徴と花言葉について!

「あさがお」の基本情報

一般名 アサガオ
学名 Ipomoea nil
科名 ヒルガオ科
属名 サツマイモ属
原産地 中国
草丈 1~5m
花径 5~10cm
開花時期 7~10月

「あさがお」の説明

あさがおは、別名を「東雲草(しののめそう)」「牽牛花(けんぎゅうか)」といいます。奈良時代から平安時代に中国から薬用植物として伝えられ、それを観賞用として改良された園芸品種です。
日本では、夏の季節になると代表的な花として親しまれています。花の色・品種は多種多様で、寒さには弱く日当たりのよい場所で育ち、亜熱帯アジア地域でみられます。

「あさがお」の花言葉

  • はかない恋
  • 消滅した希望
  • 愛情
  • 平静
  • わたしはあなたに結びつく

「あさがお」の花言葉の由来

あさがおは、しっかりとつるを巻きつけて成長します。そのしがみつく様子からも想像ができるように「わたしはあなたに結びつく」という花言葉ができたと考えられます。
また、あさがおは、朝に咲いて午後にはしぼんでしまう花の姿から、花の生命の短い事を表しています。
そして恋する女性の顔色に紅色のあじさいが例えられることもあり、「はかない恋」を結びつけることができます。

「あさがお」にまつわるエピソード

詩人家・三好達治さんの詩に「かよわい花」という詩があります。

「かよわい花です もろげな花です はかない花の命です
朝さく花の朝がおは 昼にはしぼんでしまいます
昼さく花の昼がおは 夕方しぼんでしまいます
夕方に咲く夕がおは 朝にはしぼんでしまいます
みんな短い命です けれども時間を守ります
そうしてさっさと帰ります どこかへ帰ってしまいます」

あさがおやひるがおは仏教用語では「無常」のたとえです。無常とは、この世の中の一切のものは常に移り変わってゆくことを表し、永遠不変のものはないということです。あさがおは、その象徴であり、命の時間を感じることのできる花なのです。
「みんな短い命です けれども時間をまもります」に込められた思いは、与えられた限られた命を一生懸命に生きている姿を深く感じさせられます。

「あさがお」の思い出

あさがおは、鉢植えのあんどん仕立てが一般的な栽培方法ですが、夏の暑い日差しを遮るために網をはって、それにあさがおのつるを這わせ、カーテンのように仕上げる家をよくみかけます。
小学校一年生では、あさがおを育てる事は恒例で、夏休みには家に持ち帰り、種子がとれるまで観察を行います。子どもたちは、毎朝持ち帰ってきたあさがおに観に行きます。昨日咲いていなかったあさがおの花が一輪、大きく咲いている様子をみて喜びます。しかし、昼ごろになると朝の様子とは違い、細くしぼんでしまいます。「おわったー」という表情を浮かべて子どもたちは残念そうにしています。そうやって命を身近に感じる体験をします。
大人になった私ですが、同じ経験をして育ちました。夏の間、朝に花を咲かせては昼ごろにはしぼみ、それを繰り返して、やがてつるが枯れて全体が茶色になり、種子ができる頃になると季節は秋へと進んでいます。
あさがおの英名は「モーニング・グローリー」といいます。すがすがしく輝かしい名前ですね。朝も早いうちから花が咲き、午後には閉じてしまうことからつけられた名前なんです。
日本の夏の風物詩・あさがおは私たち庶民の花として、また「命」を身近に感じさせてくれる存在なんですね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)