フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

マリーゴールド種まきなど上手な育て方とオレンジ・黄色の花言葉

マリーゴールド種まきなど上手な育て方とオレンジ・黄色の花言葉

基本情報

科目:キク科
別名:クジャクソウ
原産地:メキシコ、中央アメリカ

マリーゴールドの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介させて頂くマリーゴールドですが、こちらは4〜12月と長期に渡って花を咲かせてくれる一年草または多年草です。草丈が20〜100センチと品種によって非常にバラつきがあり、マリーゴールドと言いましても数々の印象を楽しむことが出来ます。花色は黄色やオレンジ、赤などの暖色系が多いですが、珍しいものですと白色やクリーム色などの花を咲かせることもあります。また、マリーゴールドの醍醐味でもある咲き方の種類ですが、謙虚にしっとりと咲く一重咲きから華やかにお庭を着飾ってくれる八重咲き、カーネーション咲き、クラウン咲きなどやはりそれぞれ印象の違ったマリーゴールドを楽しむことが出来ますね。花言葉としては、「嫉妬」「絶望」「悲しみ」といった意味があります。このマリーゴールドの意外な花言葉はご存知の方も多いのでは無いでしょうか。

マリーゴールドの上手な育て方

育て方としては非常に易しく、園芸初心者の方にも気軽に楽しんで頂けるお花です。日頃のお手入れとして、花がら摘みをこまめに行うようにすると良いでしょう。花がらをそのままにしておきますと、タネが出来て株の栄養がとられてしまったり腐敗して病気の原因になったりと、成長を著しく害す原因のひとつになります。また、茎と葉の間引きも気をつかってあげられると良いですね。葉が茂ってきますと全体の風通しが悪くなり、高温多湿によって生育が衰える場合があります。水遣りとしては、土の表面が乾いて白くなったのを確認してからたっぷりと与えると良いでしょう。比較的丈夫なお花で高温にも多少は耐えることが出来ますが、極端な乾燥と多湿には気をつける必要があります。日が照った際に葉がカラカラになるのを防ぐため、葉にも水をかけてあげると良いですね。

マリーゴールドに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、小さなお花を密に咲かせるバーベナなどですと、マリーゴールドの壮健な大輪の花とのコントラストが美しく映えるのでは無いでしょうか。また、バーベナの鮮やかなピンク色と謙虚な花姿はマリーゴールドのすっきりとした茎のラインをしっかりと魅せてくれます。開花期がマリーゴールドに近いお花として、マツバボタンなどと一緒に置きますとより夏らしく元気を貰えるような明るい花壇が出来るのでは無いでしょうか。

まとめ

今回はマリーゴールドについてまとめさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか。執筆者としては、マリーゴールドは個人的に好きな花の上位を争うくらいに思い入れのあるお花ですので、メジャーな種類からマイナーな種類まで広く色々な方のご家庭に咲くようになって欲しいという思いがあります。マリーゴールドの魅力といえば、ずばり花言葉といっても過言では無いでしょう。太陽のように金色に輝く希薄な花びらからは想像も出来ないような物寂しい憂さを漂わせる花言葉です。遠慮がちに茂っていく切れ込んだ葉と細い茎は、名前の由来でもある聖母マリアのように芳しい優しさを持った女性らしさも感じることが出来ますね。その優しさと香りで私たちに安らかな光を放ってくれるそんなマリーゴールドを、皆様も育ててみては如何ですか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)