フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

モクレンの花♪自然な愛情の花言葉を持つモクレンを知ろう!

モクレンの花♪自然な愛情の花言葉を持つモクレンを知ろう!

「モクレン」の基本情報

一般名 モクレン
学名 Magnolia
科名 モクレン科
属名 モクレン属
原産地 中国・アジア大陸・南米北部~北米
草丈 3~15m
花径 5~15cm
開花時期 3~5月

「モクレン」の説明

「モクレン」は、別名を「モクレンゲ」といいます。が原産です。
モクレンというと主に、中国原産の紫木蓮(シモクレン)をさしますが、白木蓮(ハクモクレン)もあります。花が空に向かって咲き、あまり手をかけなくても樹形が整いやすく、香りがよいという特徴があります。

「モクレン」の花言葉

  • 自然な愛情
  • 自然への愛

「モクレン」の花言葉の由来

モクレンは、蘭のような花が咲く様子に似ているので「木蘭(モクラン)」と呼ばれていた時もありました。しかし、蘭よりもハスの花に似ているので、「木蓮(モクレン)」と書くようになりました。
地上最古の植物の一つとされているモクレン。その木の枝は細くて葉っぱも小さいのに、花はひときわ大きく空に向かって咲く特徴があります。
そんな自然の躍動と魅惑的な雰囲気を感じることのできる力強い花の様子から、「自然な愛情」や「自然への愛」という花言葉へと結びつけられたのでしょう。

「モクレン」にまつわるエピソード

詩人家・サトウハチローさんの詩に「もくれんの花」が登場する詩があります。

「白い白い木蓮が ひとつ ほっかり 咲きました。
ため息みたいな白さです。 もわっとしている白さです。
だからホワッとさびしいんです。
白い白い木蓮が 春の顔して咲きました。」

モクレンの大きな花の一つ一つ様子を「ほっこり」「もわっと」「ホワッと」「ため息みたいな」と表現し、上手にその情景を捉えているとてもあたたかな気持ちにさせられる詩です。なんとなく「人間の顔の表情」を表現した詩のようにも感じますね。
サトウハチローさんは、「リンゴの詩」「ちいさい秋みつけた」「うれしいひなまつり」などの流行歌や童謡を残した人です。お茶目でやんちゃな少年だった反面、さみしがり屋だったといわれます。自然を敏感に感じとることのできる情緒豊かな方だったのでしょう。
気持ちを映し出すことのできるモクレンの花の姿には、やはり自然な愛情を感じます。詩に出てくる「だからホワッとさびしいんです」の表現は、サトウハチローさんのどことなく寂しい心の声を感じる事ができます。

インテリアにモクレンの花を

インテリアとして、モクレンを飾るとお部屋がすごくおしゃれになりますね。モクレンの花だけでも存在感があって素敵ですが、他の花と一緒に生け花にして飾ると、より一層引き立つような気がします。
絵画やポスター、写真をはったりするのもいいですね。最近では貼ってはがせる壁紙シールが流行っていますよね。のっぺらぼうの壁紙に、簡単にアレンジできてしまうところがいいですよね。モクレンの花のシールもあって、優しい雰囲気のものやゴージャスなものと種類はありますが、壁一面に大きく貼っても派手な感じはしないし圧迫感もないんです。
モクレンの花があるだけで気持ちが明るくなり、そしてゆったりと過ごせる空間づくりができるように思います。洋風にアレンジしてもいいですし、和風仕立てでも似合う素敵な花なんですね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)