フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

フラワーアレンジメントテクニック!お花のワイヤリングとは?ワイヤリングの方法と種類

フラワーアレンジメントテクニック!お花のワイヤリングとは?ワイヤリングの方法と種類

フラワーアレンジメントに、ワイヤリングはつきものです。しかし、いつ、どの花に、どのワイヤリングを施せばよいのか分からなくなってしまうこともあるかと思います。
そこで、今回の記事では、このワイヤリングについてまとめたものをご紹介していきます。アレンジメントを作っていく上で参考にしてください。

ワイヤリングの種類

①ピアスメソッド
ふくらんだガク(子房)にワイヤーを横(茎に対して垂直方向)に刺し通してから、茎に沿わせるようにワイヤーを折り曲げる方法です。子房部分はそこまで硬くはないので、少し力を入れて押し当てれば、すんなりとワイヤーが通ります。この方法は、バラなどの茎のしっかりしている花に適しています。(バラのワイヤリングには#24~#22のワイヤーが適しています。)

②クロスメソッド(ダブルピアスメソッド)
ピアスメソードを二重にするワイヤリングで、ワイヤーを十文字に交差させてとめる方法です。①のピアスメソッド同様に、ふくらんだガク(子房)にワイヤーを横(茎に対して垂直方向)に刺し通してから、そのワイヤーに対してもう一本のワイヤーを垂直に刺して十字に交差させます。ワイヤーの中心部に花が来るようにさせたら、茎に沿わせるようにワイヤーを折り曲げます。この方法は、ピアスメソッドでは支えきれないような大輪の花に使用します。ワイヤーは#22~#20を使用します。

③ツイスティングメソッド
花材をまとめたい分だけ取り、ワイヤーをU字にしてから茎に沿わせて、U字の片側のワイヤーをもう片方のワイヤーと茎に2~3回巻きつける方法です。カスミソウなど枝分かれしてスプレー状に小花がついているものやバラバラの枝を数本まとめて束ねるときに用います。ツイスティングメソッドに使用するワイヤーは大体~になります。

④ヘアピンメソッド
この方法は、主に葉っぱのワイヤリングに用います。ワイヤーで葉の裏側、先端から1/2~1/3の辺り(葉の真ん中より下)にある太目の葉脈をすくうように縫います。この時、表面にワイヤーが見えてしまわないように縫うのがポイントになります。葉脈に垂直にワイヤーを刺してからU字に折り曲げ、③のツイスティングメソッドのようにワイヤーを茎に巻きつけます。葉以外にも、フリージアやジャスミンなどの花をワイヤリングする際にはこの方法を用います。使用するワイヤーは、~ぐらいになります。

⑤フックメソッド
ワイヤーの先端をカギ状に曲げ(1cm位)花の中央から茎の中へ刺し通す方法です。ワイヤーを茎に添わせてから、花の裏側から花の表面に向かって刺し通します。ワイヤーが貫通したら、先端を少し折り曲げてフック状にします。ワイヤーが止まるまで下に引き下ろします。引っぱりすぎると抜けてしまったり、花を傷つけてしまう可能性があるので注意が必要になります。この方法は、ガーベラ、ひまわり、マーガレット、ダリアなどのワイヤリングに適しています。使用するワイヤーは~#22になります。

まとめ

以上が、フラワーアレンジをする上でのメインのワイヤリングになります。この基礎さえマスターしてしまえば、アレンジメントも簡単にできるようになります。是非チャレンジしてみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)