フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ジャスミンの香りの効果やジャスミンの花言葉と由来について!

ジャスミンの香りの効果やジャスミンの花言葉と由来について!

「ジャスミン」の基本情報

一般名 ジャスミン
学名 Jasminum
科名 モクセイ科
属名 ヤスミヌム属
原産地 イラン~北インド・中国
草丈 1~4m
花径 2~3cm
開花時期 4~5月

「ジャスミン」の説明

ジャスミンは、別名を「ツルジャスミン」「ハゴロモジャスミン」といいます。
初夏の季節に白い花を咲かせ、その香りにはリトナロールという麻酔性の香りと、インドロールという官能的な香りの両方を含んでいます。夜から香りだし、次第に増して夜明け前に一番強くなります。朝早くから匂いの強いジャスミン摘みが行われています。
また、花からは精油を抽出しアロマオイルとして、気分を落ち着かせたり女性の体への働きに利用されます。また、「ジャスミンティー」として知られる中国茶は、「茉莉花(まつり)」という種類の葉を使います。
中国・ペルシャを経てヨーロッパへと渡りました。ヨーロッパ産、中国産、アメリカ産のジャスミンがあり、広く栽培されています。

「ジャスミン」の花言葉

  • 温和
  • 愛敬
  • 私はあなたについてゆく
  • 敏感さ
  • 感受性
  • 官能的

「ジャスミン」の花言葉の由来

ジャスミンは、甘く独特の誘惑するような香りを持ち、どこにいてもすぐにわかる匂いです。このため、「感受性」「官能的」「私はあなたについてゆく」等の花言葉が付けられたと考えられます。
また、ジャスミンの名前の由来は、ペルシャ語の「ヤーサマン」が語源です。そして、アラビア語の「ヤーサミーン」(口語ではヤースミン)となり、フランス語で「ジャスマン」と変化し、英語の「ジャスミン」になったと伝えられています。

「ジャスミン」にまつわるエピソード

ジャスミンの花は、もともとはピンクだったといわれています。イエス・キリストが十字架にかけられた夜に、周りの植物達が枯れていく中、ジャスミンの花だけが咲き続けました。しかし、あまりの大きな悲しみによってその花が白になってしまったといわれています。

また、インドの女性たちは、ジャスミンの花を髪飾りとして使っています。特に、恋人からもらったジャスミンの花を、髪の毛に編み込んで愛の証としているそうです。結婚式でも花冠にして用いられるほどインドでは愛されている花なんです。

プリンセス「ジャスミン」

ディズニー映画「アラジン」は、イスラム世界の「千夜一夜物語」と「アラジンと魔法のランプ」を基に作られたディズニーアニメです。映画の中で設定された「アグラバー」という町は、中東やインドあたりに多く見られるイスラム文化をモデルにしているように感じます。そして登場するお城も、イスラム教の礼拝堂であるモスクに似ていますね。世界的に有名な「タージマハル(インド北部「アーグラ」の街にある総大理石の巨大なお墓)に似ているという人もいます。この映画に出てくる「ジャスミン」というプリンセスがいます。ジャスミンの花は、いつまでも記憶に残る忘れられない魅惑的な香りで、それはお姫様のイメージにもぴったりの名前だとおもいます。この映画の特定な場所はわからないのですが、ジャスミンの花はインドの女性と深い関係があります。プリンセス・ジャスミンはこの花を髪に編み込んではいないけれど、「ジャスミン」と名前がつけられた背景を想像してしまいます。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)