ガーデニング初心者でも♪ナスタチウム、ガーデンシクラメンの上手な育て方!

ガーデニング初心者でも♪ナスタチウム、ガーデンシクラメンの上手な育て方!

基本情報

科目:フウロソウ目ノウゼンハレン科
別名:キンレンカ、ノウゼンハレン
原産地:メキシコ~南米

ナスタチウムの特徴、花言葉

さて、今回紹介させて頂くナスタチウムですが、開花期が6~7月、9~11月と広い範囲で花を咲かせ、葉はハスのような円形であり、オレンジ寄りではありますが金色の花をつけることからキンレンカ(金蓮花)とも呼ばれるようになった花です。こちらの呼称の方が馴染みがあるかも知れませんね。ナスタチウムと言えば食用になると聞きますが、味や食べれる部位などはどうなのでしょうか?実は、全ての部分を食用にすることが可能です。主として食べられるものは花と葉ですが、これらはハーブとして利用され、クレソンに似た独特の辛味と香りがあり、サラダや肉料理の付け合せによく合います。また、ビタミンCやミネラルを豊富に含有しており、美容には勿論のこと胃腸の調子を整える役割も果たしてくれます。花言葉としては、「愛国心」「困難に打ち勝つ」「勝利」などと言ったニュアンスがあります。情熱的で誠意の有る花言葉ですね。

ナスタチウムの上手な育て方

育て方としては、比較的簡単に育てられるお花ですので、園芸初心者の方でも気軽に楽しむことが出来ます。お手入れとしては、花が枯れてきたときは摘み取って株をきれいにしておくことで、余計な栄養がとられずに長期間花を楽しむことが可能です。葉が4~6枚になった頃に頂点の芽を摘むと、わきから芽が出てきて枝の数が増え、花もボリュームのあるものがよく咲くようになります。この作業を行わなかった場合、わきから出てくる芽があまり成長できずにバランスの悪い弱弱しい株になってしまいますので気をつけてくださいね。ナスタチウムは南米生まれということもあり、日当たりの良い場所を好みます。しかし、真夏の強烈な日光に当ててしまいますと、暑さで夏負けし生育が衰えてしまいますので、夏は風通しの良い明るい日陰に置いてあげましょう。もし夏負けしてしまい元気に生育できなくとも、株が枯れずに生き残れば徐々に回復して秋に花を咲かせてくれますので涼しい場所でお世話をしてあげてください。また、寒さにはやや弱いため、秋に種をまいた場合は凍らせないように注意が必要です。室内で育てる場合は、十分に光が当たる場所に置いてあげてくださいね。

ナスタチウムに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、初夏のみずみずしさと暖かさを際立たせてくれるような明るいお花が良いですね。菜の花などは、背もナスタチウムより少し高く控えめな黄色でナスタチウムの情熱的なオレンジ色と小柄な背丈、可愛らしい葉を目立たせてくれるのではないでしょうか。赤色のパンジーなどを植えても燦爛とした美しさが出て花壇を魅力的に飾ってくれるのではないかと思います。

まとめ

今回はナスタチウムに就いてまとめさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。ナスタチウムと言えば執筆者の中では夏のギラギラとした暑さに負けないくらいに情熱的なオレンジ色であり、毎朝目にするだけで元気をもらえるようなお花というイメージが強いですし、「愛国心」などの少々年季の入った情熱的な花言葉にも凄く愛着が沸いておりました。ナスタチウムは江戸時代末期に来日したお花と言うことは皆様ご存知でしたでしょうか?私はこのことを聞いたときに、きっとナスタチウムは明治時代のお花のアイドルだったのだろうなと思いました。今は色んな色のお花がたくさんの家庭で栽培されていますが、その中にナスタチウムが元気に彩られている家庭も多いのではないでしょうか。情熱的で、皆様の太陽になってくれるようなそんなナスタチウムを、一度育ててみては如何ですか。

ガーデンシクラメンの説明

科目 サクラソウ科 別名 カガリヒバナ 原産地 中近東

冬の鉢植えの代名詞といえる華やかなシクラメン。寒さに強いシクラメンを改良したもので冬の戸外でも楽しめます。花色は赤、ピンク、紫、白などあります。極端に寒くなければ、霜が降りても大丈夫です。最近では冬の寄せうえにもよく使われます。ハート形の葉の形も愛らしく風情があります。

ガーデンシクラメンの育て方

種から育てることもできますが、長く育てなければならず。管理が難しいです。種まきしてから、一年以上かかると思って育ててください。秋に種まきして、生育のいいもので、次の年の秋に花をつけます。ガーデンシクラメンは比較的耐暑性もありますので、夏の管理を上手に行えばうまくいくでしょう。

秋口から、園芸店にさまざまな苗が並びます。シクラメンの性質はそのままで、室内で育てるのに向いている小型化したシクラメン、ミニシクラメンもありますので、購入の時はよくラベルをみるなど注意しましょう。日当たりがいいのは大好きですが、やはり暑さは苦手なので、戸外に植え付けるときは、残暑にあわないように気をつけましょう。

風通しと日当たりの良い環境を好みます。ただし、強い風は苦手です。地うえもできますが,じめじめした所も嫌います。花壇に植え付ける場合、緩効性の肥料をすきこみ、水はけのいい土にしておきましょう。株と株の間は、やや狭くて大丈夫です。やや乾燥を好みますので、水やりがいつも必要な花は近くに植えないように気をつけましょう。プランターや鉢の場合、球根が上から見える程度に植え付けます。どちらも根鉢はくずさないようにして植え付けましょう。植え付け後しばらくして根が張ってきたら、地植えの場合ほとんど水やりは必要ありません。

シクラメンは葉の数だけ、花をつけます。中心からどんどん葉とつぼみがでてきますので、葉組みの作業が必要です。育っていくにつれ、姿が乱れてきます。大きな葉を外側に向かって、ひっぱってあげます。つぼみは中心に寄せます。真中に日が当たるようにしてあげるとつぎからつぎに花と葉が育ちます。

花がら摘みの作業も大切です。実をつけてきたら、株が栄養を取られて弱ってしまうので早めに花をとってあげます。花の付いているくきを、根元からねじるようにとってあげると簡単につめます。十日おきぐらいに薄めの液肥をあげるとよいでしょう。

ガーデンシクラメンと一緒に植えるといい植物

寄せ植えする場合、ビオラなどとあわせて華やかにしてもいいしょう。アイビーやシルバーリーフをあわせるとシックな雰囲気になるでしょう。私のイメージでは、シクラメンにはなんとなく、特別なクリスマスのイメージがあるので、赤のポインセチアとあわせて白のシクラメンを一緒に玄関先に寄せ植えしてあげるなどすると楽しいと思います。

まとめ

わたしはガーデンシクラメンに、あのこい緑の葉に模様の入った独特な葉となんとなく哀愁ただよい、うなだれたように咲く花の姿に、和風のイメージももっています。あえてさびしげに、少し間隔をおいて、葉組みせず、和風の感じで葉を強調して育ててあげるとおもしろいと思います。山野草とあわせて、植え付ければ、ロックガーデンにもよく似あうのではないでしょうか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)