フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

花留めにチャレンジ

花留めにチャレンジ

「花留め」と言われても初めて聞きますよね。フラワーアレンジメントをしていない方には聞き慣れない単語だと思います。

花留めとは、その名の通り「 style #ff0000;”>花を留めるために固定する方法」です。せっかくアレンジメントした花がだらりと垂れさがっていると見栄えがとても悪いです。土から背筋を伸ばしてシャキンと立っていてこそ花ですよね。また、花器の口が広いと花が立たないので必ず花留めをしましょう。

花留めには吸水性フォームを使う方法と、剣山を使う方法などいろいろありますので、順に説明していきますね。

style #ffcc00;”>吸水性フォームを使おう

必要なもの・・・吸水性フォーム(ブロック型が好ましい)、吸水性フォームが入る容器、カッター、選んだ花器

①吸水性フォームを必要なサイズにカットします。

②容器に水を張って、そこに吸水性フォームを浮かせます。

③浮かせていると時間とともに水を吸い、だんだん吸水性フォームが浮かんできます。このとき吸水性フォームを触ってはいけません!じっと待ちましょう。

④水がしっかり浸み込んだら、カッターを使って花器のサイズに合わせてカットします。花器にはぎりぎり収まるかなというサイズではなく、自然と収まるサイズでカットしましょう。

⑤吸水性フォームの高さは、自分が作ろうとしている作品に合わせて調節します。高さが花器よりも高いと花を挿す面積が広くなります。逆に、低くすると挿す面積が狭くなります。

⑥吸水性フォームの面取り(角を斜めに削ること)をしましょう。角が無くなることで、花を挿す面積が広がります。

⑦吸水性フォームを花器にセットして、水をたっぷり入れましょう。

~完成~準備はばっちりです。花を挿していきましょう

style #ff0000;”> style #333333;”>※花を挿すときの注意

花を挿してみたけれど、納得いかなくて何度も挿したり抜いたりという行為はやめてください。吸水性フォームが穴でボコボコになり、花に十分な水分が流れなくなる原因となります。前もって挿す花の大きさや重さを考えながらどのように挿すかをイメージしましょう。挿したらしっかりと花が安定する深さまで挿してください。

style #ffcc00;”>剣山を使おう

剣山は花の量が少ないときなどに向いています。また、吸水性フォームよりも見えたときに見栄えが良いというメリットがあります。種類も様々ですが、自分の作品にあったものを選びましょう。

必要なもの・・・剣山、選んだ花器、ティッシュor新聞紙、はさみ、ワイヤーor輪ゴム、花

①剣山の下にティッシュor新聞紙を敷いて、花器の中央にセットしてください。

②花を適度な長さにカットしましょう。特に、茎が柔らかい花はまっすぐ、硬いものは斜めにカットするのがポイントです。

~完成~準備はばっちりです。花を挿していきましょう♪

※ style #ff0000;”>花を挿すときの注意

花を挿すときは、まずはまっすぐに挿し、傾けたい方向に傾けてください。グリーン系のものはワイヤーor輪ゴムで束ねてから挿しましょう。枝ものは斜めにはさみでカットしてからまっすぐに挿します。挿し終わったら最後に水を注ぎましょう。

 

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)