ペチュニア、マリーゴールド、藤の花育て方・寄せ植えについて

ペチュニア、マリーゴールド、藤の花育て方・寄せ植えについて

基本情報

科目:ナス科ペチュニア属
別名:ツクバネアサガオ
原産地:南アメリカ

ペチュニアの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介させて頂くペチュニアですが、こちらは4~10月に花を咲かせる一年草または多年草です。草丈は10~30センチと比較的育てやすい大きさで、花には非常にバラエティーがあり大輪から小輪まであり八重咲き、一重咲きといろいろな種類のペチュニアが楽しめます。花色はワインレッドやピンク、紫などがあり、アサガオに似たラッパのよな形の花を次々と咲かせていきます。葉は丸っこい舌状で茂りやすいため、後々ご紹介に預かりますお手入れの仕方にもお気をつけください。また、ペチュニア自体はもともと暑さに弱く開花期間もあまり長くはありませんでしたが、現在では丈夫な野生種と組み合わせた長く美しい大きな花を楽しめる品種が主流になっています。また、俗称の「ペチュニア」ですが、こちらはブラジル語でタバコを意味する「ぺチュン」に因んでいるといわれています。花言葉としては、「あなたと一緒にいると心が安らぐ」「心の安らぎ」といったニュアンスがあります。ペチュニアのみずみずしい花色と無垢なあどけなさに似つかわしい純粋な花言葉ですね。

ペチュニアの上手な育て方

育て方としては非常に簡単で、園芸初心者の方にも気軽に楽しんでいただけるようなお花です。毎日のお手入れとして、花がらをこまめに摘み取ることを忘れないようにしましょう。枯れた花びらは茎や葉に張り付くと見た目がたいへん悪くなり、放って置くとカビなどの病気にもかかりやすくなってしまいますのでこの作業はとても重要になってきますね。また、株が大きくなってきますと茎が伸びずに花がつかなくなりますので生育期間中に茎を全体を10センチほどに切戻す必要があります。切戻しを行うと、根元のほうから茎が伸び再び大きな花を咲かせてくれますよ。また、切戻しを行いますと風通しが良くなり根元への湿度によるダメージが減りますので、夏越しがしやすくなります。置き場所としては、十分に日の当たるところに置くのが良いでしょう。日照不足になると花付きが悪くなったり茎を傷める原因にもなりますので注意しましょう。また、ペチュニアの花びらは非常に薄く、強い雨などに当たりますとすぐに色が抜けたり傷んでしまいますので、雨の日は軒下などに移動させてあげましょう。水遣りとしては、土の表面が乾いた際たっぷりと与えることが重要になってきます。ただ、ペチュニアは乾燥よりも多湿に弱いですので少し乾燥気味に保ってあげると安全かも知れませんね。

ペチュニアに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、背の高い落ち着いた花色のお花が良いですね。特にジギタリスなどは花色もペチュニアの鮮やかなピンクに対して少し休息を入れるようなアクセントになってくれるのではないでしょうか。ただ、ジギタリスはペチュニアに比べて開花期間が短いためその間にたくさん楽しむことが出来るといいですね。

まとめ

今回はペチュニアについてまとめさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。執筆者としては、ペチュニアは花びらの薄さと少し触れただけでも傷んでしまう儚さを持ちながらも、あれ程に燦爛と美しい色を発色しており大変元気を貰える花だと感じています。自分も頑張らなければ、という気持ちになれますね。また、くるりと花芯を囲み包む希薄な花びらからは、アサガオとよく似た寂寞とした雰囲気を醸し出す反面、濁りの無い壮健な花色で私たちを慰めてくれているようにも感じます。執筆者としましては、ペチュニアとアサガオを一緒に置いておくとなんだかセンチメンタルな気分になれるような気がします。庭先で照り輝くような笑顔をみせながら私達を後押ししてくれるようなそんな花、ペチュニアを、皆様も是非育ててみてはいかがですか。

基本情報

科目:キク科
別名:クジャクソウ
原産地:メキシコ、中央アメリカ

マリーゴールドの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介させて頂くマリーゴールドですが、こちらは4〜12月と長期に渡って花を咲かせてくれる一年草または多年草です。草丈が20〜100センチと品種によって非常にバラつきがあり、マリーゴールドと言いましても数々の印象を楽しむことが出来ます。花色は黄色やオレンジ、赤などの暖色系が多いですが、珍しいものですと白色やクリーム色などの花を咲かせることもあります。また、マリーゴールドの醍醐味でもある咲き方の種類ですが、謙虚にしっとりと咲く一重咲きから華やかにお庭を着飾ってくれる八重咲き、カーネーション咲き、クラウン咲きなどやはりそれぞれ印象の違ったマリーゴールドを楽しむことが出来ますね。花言葉としては、「嫉妬」「絶望」「悲しみ」といった意味があります。このマリーゴールドの意外な花言葉はご存知の方も多いのでは無いでしょうか。

マリーゴールドの上手な育て方

育て方としては非常に易しく、園芸初心者の方にも気軽に楽しんで頂けるお花です。日頃のお手入れとして、花がら摘みをこまめに行うようにすると良いでしょう。花がらをそのままにしておきますと、タネが出来て株の栄養がとられてしまったり腐敗して病気の原因になったりと、成長を著しく害す原因のひとつになります。また、茎と葉の間引きも気をつかってあげられると良いですね。葉が茂ってきますと全体の風通しが悪くなり、高温多湿によって生育が衰える場合があります。水遣りとしては、土の表面が乾いて白くなったのを確認してからたっぷりと与えると良いでしょう。比較的丈夫なお花で高温にも多少は耐えることが出来ますが、極端な乾燥と多湿には気をつける必要があります。日が照った際に葉がカラカラになるのを防ぐため、葉にも水をかけてあげると良いですね。

マリーゴールドに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、小さなお花を密に咲かせるバーベナなどですと、マリーゴールドの壮健な大輪の花とのコントラストが美しく映えるのでは無いでしょうか。また、バーベナの鮮やかなピンク色と謙虚な花姿はマリーゴールドのすっきりとした茎のラインをしっかりと魅せてくれます。開花期がマリーゴールドに近いお花として、マツバボタンなどと一緒に置きますとより夏らしく元気を貰えるような明るい花壇が出来るのでは無いでしょうか。

まとめ

今回はマリーゴールドについてまとめさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか。執筆者としては、マリーゴールドは個人的に好きな花の上位を争うくらいに思い入れのあるお花ですので、メジャーな種類からマイナーな種類まで広く色々な方のご家庭に咲くようになって欲しいという思いがあります。マリーゴールドの魅力といえば、ずばり花言葉といっても過言では無いでしょう。太陽のように金色に輝く希薄な花びらからは想像も出来ないような物寂しい憂さを漂わせる花言葉です。遠慮がちに茂っていく切れ込んだ葉と細い茎は、名前の由来でもある聖母マリアのように芳しい優しさを持った女性らしさも感じることが出来ますね。その優しさと香りで私たちに安らかな光を放ってくれるそんなマリーゴールドを、皆様も育ててみては如何ですか。

藤のプロフィール

一般名:藤の花
学名:Wisteria floribunda
科名:マメ科
属名:フジ属
原産地:日本
樹高:15cm~60cm
花形:長さ10cm~60cmの総状花序
開花時期:4~6月

藤の花の特徴

つる性落葉低木、日本原産の藤は2種類、「ノダフジ」と「ヤマフジ」があり、本州から九州四国にかけて自生しています。この二つはつるの巻き方で見分けられます。つるが時計回りに巻き付くのがノダフジ系、花穂も長いです。ヤマフジ系はつるが反時計回りに巻き付き、花穂が比較的短いのが特徴です。正岡子規が「瓶にさす藤の花ぶさみじかければ畳の上にとどかざりけり」と詠んだのは、ヤマフジだったようです。

藤の花言葉と由来

藤の花は女性的な風情のある花ですが、花言葉も女性を感じさせる言葉です。
「決して離れない」:これはつたが絡まるイメージからといわれていますが、情熱的な恋をする女性の感じです。
「恋に酔う」:これも、長く垂れさがっている藤の花房が風に揺れる様が、恋に酔う女性のような風情を感じさせてくれます。
「歓迎」、「佳客」、「優しい」といった花言葉もあります。
藤の花の形は、振袖を来た女性のようだといわれていきました。たしかに、ふうわりと揺れる藤の花は、揺れる振袖のようにも見えます。そういった端正なたたずまいが「佳客」という花言葉の由来であると言われています。
一方で、藤の花がお庭でお客様を迎えているように見立てて、「歓迎」しているという言葉も藤の花言葉になったそうです。藤の花が垂れ下がっている様は、「いらっしゃいませ」とお辞儀をしているようです。
「優しい」は、色といい花のたたずまいといい、まさに優しいイメージです。

藤の花のエピソード

黒田官兵衛を救った藤の花、大河ドラマにもなった黒田官兵衛がまだ黒田を名乗る前の逸話です。牢にとらえられていた官兵衛は、牢の中での状態も非常に悪く、将来どうなるのかもわからず非常に落ち込んでいたそうです。そんな彼の慰めとなったのが、牢の格子の向こうにあった藤の木でした。藤の花芽が出ているのを見て、官兵衛は「藤よ、藤よ花をつけよ」と願い、生きる力を思い出していったということです。太陽の光を透かしながら輝く藤の花房は、生きる喜びそのもののようです。

はかなげに見えてたくましい藤の花

お客様を「優しく」、「歓迎」してくれる藤の花、でも、「決して離れない」という情熱的なところもあります。藤の花は、日差しがきつくなってくる初夏にちょうど咲いてくれます。小学校にあった藤棚は、学校のオアシスのような場所でした。校庭には日差しを遮るものがありませんでしたが、藤棚はちょうど暑くなってきた時期に葉が茂り、濃い緑の影をつくってくれていました。花の咲く時期に、藤棚の下の陰から上を見上げると、藤の花が薄紫のカーテンのようでした。長く垂れさがった藤の花の向こうに日差しがちらちらと射し、花弁が輝きます。風に揺れながら光と花房が作り出す景色は、万華鏡を覗いているような感じでどんどん変わるので飽きないのです。「恋に酔う」ように、藤の花に酔う感じがすると思います。機会があったら、お天気の良い日に藤棚を見上げてみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント