フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

花を挿そう

花を挿そう

花留めのページでも少し触れましたが、花の挿し方は花留めの種類によって変わります。そのほかにも、グリーンものから挿すか、花から挿すかとかでも挿し方は変わります。 style #ff0000;”>何度もチャレンジして感覚を掴むことが大事です。どんどんトライしましょう!

※ここでは基本的な style #99ccff;”>吸水性フォームを使った方法を紹介します。

style #ff99cc;”>花から挿す場合

メインとなる花から挿す場合は、葉もアレンジメントに使えるような種類(バラなど)が適しています。

①花を挿す前に、花の大きさ、形、本数を確認して把握しておきましょう。

②挿していくときは、全体が丸くなるイメージで外側から均等に挿していきましょう。

③花の本数が多い場合は外側だけでなく、中央部分にも挿してください。

④挿すときは、花と花が重ならないように45度の角度で挿すことを意識してください。

⑤バランスをみて余分な葉っぱは、はさみでカットしましょう。

⑥花のすきまにグリーンものと脇役に選んだ花を挿していきましょう。

⑦吸水性フォームが見えないように丸い形に仕上げていきましょう。

~完成~

style #ff99cc;”>グリーンものから挿す場合

花の量が少ないときに適しています。また、グリーンものから挿すことでボリュームが出て、器の中の吸水性フォームを隠すことができるというメリットがあります。こちらもぜひチャレンジ!!

①葉っぱを切り分けましょう。

②均等な大きさの葉っぱを選んで、外側から挿していきます。このとき、作品が小さいのなら、中央に大きな葉っぱを挿して、小さな葉っぱもそれに沿うように中心に挿し、吸水性フォームを隠すのがポイントです!

③角度をつけて、中の方もスカスカにならないように挿していきましょう。

④グリーンものを挿し終えたら、次は花を放射状に挿していきましょう。

⑤バランスよく空間が空かないように埋めていきましょう。

~完成~

最初はコツがつかめず、苦戦してしまうかもしれません……

大事なことは style #ff0000;”>感覚と style #ff0000;”>楽しいという気持ちです。

どんどんチャレンジして自分の作品を作ってください!

また、ほかのフラワーアレンジメントをしている人の作品を見て学ぶこともいい勉強になりますのでオススメです。

style #ffcc99;”>~ style #ff9900;”>フラワー style #ff0000;”>豆 style #ffcc00;”>知識~

花留めって吸水性フォームや剣山だけではないんです。身近なもので十分代用できます。

例えば、セロテープ、砂・石、銅線、ビー玉、小枝、などが使われたりします。

作品のイメージに合わせて花留めの材料も変えることで、ぐんとレベルが上がりますよ♥あなたのセンスをぜひ発揮しましょう!!

 

 

 

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)