怖い?おぎゃあ?金魚草の基本情報と育て方、花言葉!

怖い?おぎゃあ?金魚草の基本情報と育て方、花言葉!

「金魚草」の基本情報

一般名 金魚草
学名 Antirrhinum majus
科名 ゴマノハグサ科
属名 キンギョソウ属
原産地 地中海沿岸~北アフリカ
草丈 20~100㎝(30㎝以下の小形種と40~60㎝の高性種)
花径 3~6cm
開花時期 4~6月

「金魚草」の説明

金魚草は、別名を「スナップドラゴン(かみつき龍)」や「アンテリナム」といいます。本来は多年草ですが、日本では園芸上一年草として扱われています。白、黄、ピンク、紅色の花を咲かせ、花壇や鉢植え、切り花として楽しまれています。日本には江戸時代に伝わり、園芸品種として改良されました。

「金魚草」の花言葉

  • でしゃばり
  • 強い欲望
  • おしゃべり
  • 推測では、やはりNO

「金魚草」の花言葉の由来

「でしゃばり」「おしゃべり」「強い欲望」
花筒を指で押した時に花先がパクパクしている騒がしげな様子が口をパクパクさせて話す(おしゃべり)様子に似ていることからつけられたといいます。よく言えば「強い欲望」となりますし、悪く言えば、それは「おしゃべり・でしゃばり」という事ですね。

「推測ではやはりNO」
花の形が仮面に似ているという事からつけられたといわれます。

「金魚草」
花のひらひらとした感じが、金魚のひらひらと泳ぐ様子に似ていることからつけられました。

「スナップドラゴン」
花の袋部分をつまむと、唇弁(唇状の花びら)が上下に分かれて、「かみつき龍」の姿に見えることからつけられた名前です。
「アンテリナム」
ギリシャ語のanti(~のような)とrhin(鼻)が語源となっています。花の形が「鼻」に似ていたからといわれたり、果皮(種子を包む皮)が「動物の鼻」に似ていると例えられたりしました。

「金魚草」にまつわるエピソード

ヨーロッパでは、家の入口や家畜小屋にこの花をつるし、その匂いであくまを追い払う魔除けにしていたといわれています。
またドイツでは、金魚草を家畜に食べさせ、家畜小屋を燃やす民族がいたという事です。邪気を追い払う風習のようです。

「金魚草」のような母

私の母の趣味は、園芸です。花屋さんの前を通ると必ず立ち止まります。花言葉なんて、たぶん気にしていないと思います。元気そうな花かどうかを見定めて、自分がその時にほしい花を買います。でもよく買う花は、たいてい決まっています。紫陽花、ナデシコ、パンジー、そして金魚草。春になると彩どりのこの花達が、まるでおしゃべりをしているかのように、お庭を盛り上げています。
花をよく観察してみると、確かにプヨプヨな感じの唇のような花びらから、言葉がたくさん出てきそうです。少し騒がしい気がするのも納得。でも、見ているとハッピーな気分にもなります。
母の趣味はもう一つ。それはおしゃべり。ある時、母がお友達と電話をしている時に、「これは絶対に秘密だからねー」と大声で話していました。でも、家の外までその声が聞こえてきました。「秘密なら、もっと小さな声で話さないと」って笑ってしまいましたが・・・。その時に咲いていた花は、金魚草。そのお互いの姿を重ねてしまうと、さらに納得してしまいました。
こんな状況を作りだしてくれる花言葉って面白いと、改めて感じた瞬間でした。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)