フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

フラワーアレンジメントにチャレンジ!

フラワーアレンジメントにチャレンジ!

やっと本題のフラワーアレンジメントに入れます。基本が多くて心待ちにしていらっしゃったのでは?

まず、フラワーアレンジメントの基本やテクニックがありますので順番に紹介していきたいと思います。

style #000000;”>実際に花器と吸水性フォームと花を用意するもよし☆メモの準備をして頭に入れるのもよし☆

style #ff6600;”>フラワーアレンジメント基本形

まず、理解して欲しいことはフラワーアレンジメントの基本形には style #ff0000;”>三方見と style #ff0000;”>四方見の二つがあります。

style #ffcc99;”>三方見

正面と横から見たときにきれいな形で、後ろの部分には手が加えられていないもの。作品を壁など背がある場所に置く場合が向いています。

style #ffcc99;”>四方見

前後左右、どこから見ても手を加えられているものです。作品をテーブルのようにどこからでも見られる場所に置く場合が向いています。

 

style #ff6600;”>実際に作ろう♪

まずは基本的な形から作ってみましょう。簡単なので楽しく作れますよ。

必要なもの・・・メインの花1種類、脇役の花3~4種類、金網、選んだ花器

①まず、金網を花器に合わせて丸くしましょう。

②花器に金網をセットしましょう。そのあと水を入れてください。

③メインの花を金網の中央部分に入れます。次に脇役の花たちを入れましょう。

④金網いっぱいいっぱいに花が入ったら、高さや横幅などを全体のバランスと確認しながら整えていきましょう。

⑤余った花があれば、花に躍動感をプラスするように入れてみましょう。

~完成☆~

 

style #ff6600;”>ワンポイントテクニック

せっかくの作品、もっときれいに見せたいですよね。ここでフラワーアレンジメントにおけるテクニックを伝授いたします。

  • ワイヤーを通しましょう

作品のイメージや花の色によっては、茎に優雅なラインを出したいですよね。そのときに活躍するのがワイヤーです。ワイヤーを通すことで好きなラインを出すことができますよ。でも、茎からワイヤーが突き出さないように注意して、丁寧に扱いましょう。

  • テーピングしよう

コサージュを作るときなど、フローラテープを茎に巻いてワイヤーを目立たなくさせましょう。特に、生花を使ったフラワーアレンジメントの際は、切り口に水分を含ませたティッシュを巻きつけて、フローラテープを少し引っ張るように上から下へと巻きつけていきましょう。

  • 生けなおそう

日にちが経つと特殊な花材でない限り花や葉っぱは傷みます。傷んだ花や葉っぱはこまめに取り除き、生けなおすようにしましょう。生けなおすときにメインのお花を変えると、また作品の雰囲気も変わってくるので楽しいです。

 

style #ff6600;”>作品を長持ちさせたい

基本的に、生花は1週間~10日、夏場など気温が高いときは4~5日が限界です。でも、日ごろからこまめにお手入れすることで持ちを長くすることはできます。せっかく作った作品です、できるだけ長持ちさせてフラワーアレンジメントを楽しみましょう!

  • 花器は毎日洗って、水もこまめに取り替えましょう。
  • 茎のぬめりもよく取り除きましょう。ぬめりが出てきたら花が腐り始めた証拠です。
  • 花が萎れてきたら、水揚げをしてあげましょう。
  • 長持ちさせる薬を加えましょう。薬とは言っても、園芸ショップで売られているようなお金がかかるものではなく、酢や氷、砂糖、10円玉などの銅素材でオッケー。

 

 

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)