一年草の花!スイートピーの育て方と花言葉♪松田聖子さんの「赤いスイートピー」の思い出

一年草の花!スイートピーの育て方と花言葉♪松田聖子さんの「赤いスイートピー」の思い出

「スイートピー」の基本情報

一般名 スイートピー
学名 Lathyrus odoratus
科名 マメ科
属名 ラティルス属
原産地 地中海沿岸のイタリアにあるシチリア島
草丈 1~2m
花径 2~3cm
開花時期 4~5月

「スイートピー」の説明

スイートピーは、つる性の一年草で、寒さに強く日当たりのよい場所で生育し、白、桃色、赤、紫等の花を咲かせます。
スイートピーは香る豆でありる反面、毒をもっています。その毒は、脚を麻痺させたり失神するなどの重い症状を引き起こすといわれていますが薬としても用いられています。「ラチリウム」という医学用語をもっている花としても知られています。
別名を「匂豌豆(においえんどう)」「麝香豌豆(じゃこうえんどう)」といいます。「麝香豌豆」の「麝香」とは、おすの麝香鹿の下腹部からとれる香料の事です。匂いが良いものに付けられ代名詞です。
日本へは、明治の初めに伝わりました。

「スイートピー」の花言葉

  • 門出
  • 別離
  • 優しい思い出
  • デリケートな青春の喜び

「スイートピー」の花言葉の由来

花のひらひらする感じが、今まさに飛び立とうとする蝶々の姿に似ていることから、「門出」「別離」という花言葉に結びつけられました。
また、スイートピーの「スイート」は、花の場合、香りのよいことを表しています。そして、フリルの付いた花の様子やそのやさしい色は、甘くて優しい感じがします。その印象から、「優しい思い出」「デリケートな青春の喜び」という花言葉になったのでしょう。

「スイートピー」にまつわるエピソード

スイートピーの花は、17世紀末、地中海のシチリア島に住んでいたイタリア人の僧侶「フランシスクス・クパーニ」によって紹介されたことが始まりとされています。そしてイギリスの植物コレクターに渡ります。
この時の花は小さかったのですが、品種改良が行われ大きな花びらへと変化していきました。そして、数多くの品種が生まれます。

「スイートピー」の思い出

私がこの花を知ったのは、歌手・松田聖子さんの「赤いスイートピー」の曲でした。
松本隆さん作詞、松任谷由美さん作曲の大ヒット曲です。松本隆さんは、多くの歌手に提供している言葉の魔術師といわれるくらい巧みな表現をされる作詞家です。また松任谷由美さんは、魅力的な歌声を持つ歌手、そして作詞家としても有名な方ですね。そんな多才なお二人が作られたこの曲は、一度聴いたら忘れられないずっと心に残る名曲です。
スイートピーの花言葉である「優しい思い出」「デリケートな青春の喜び」を、そのメロディーと歌詞に照らし合わせて聴くと、うなずいてしまいます。イントロもそうですし、特に出だしの歌詞「春色の汽車にのって海に連れて行ってよ 煙草の匂いのシャツにそっと寄りそうから」を聴くと、「赤いスイートピー」とすぐにわかるところが、この曲の魅力の一つだと思います。
章節のくくりに使われている「心の岸辺に咲いた赤いスイートピー」の部分は、せつない心の様子にフリルが付いたようなスイートピー花びら、そしてほんのりと香りがする姿が重なって甘い気持ちにさせられます。
キラキラした海に春の日差しを見ると、心の中でこの曲が流れるのは私だけでしょうか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)