もっとアレンジ!

もっとアレンジ!

フラワーアレンジにもっと一工夫を施して、もっと可愛くアレンジしましょう!

もしもフラワーアレンジメントを失敗してしまったり、花が傷んで作品が小さくなってしまったときに工夫するのもいいかと思います。

楽しく、自分の個性をアレンジで表現しましょう♥

style #800080;”>アレンジ style #cc99ff;”>その①一輪挿しにしちゃおう

花が余ってしまったり、花が小さくなってしまったら、思い切って一輪挿しにしちゃいましょう。束ではなく一輪にすることで、その花そのものの個性が際立ちます。部屋に一輪だけ飾るだけでもよし、一輪挿しのものを一箇所に集めて一つの作品にするもよし!

style #993366;”>アレンジ style #cc99ff;”>その② style #333333;”>コサージュにしちゃおう

一輪挿しと同じように一輪コサージュにするのもいいですね。普段のお洋服にもピッタリです。

style #993366;”>アレンジ style #cc99ff;”>その③ style #333333;”>ブリザーブドフラワーにしちゃおう

「フラワーアレンジメントの花」のページでも紹介しました、今話題のブリザーブドフラワーにしてしまいましょう。ブリザーブドフラワーはなんと自分で作れるってご存知でしたか?通販などでも手作りコーナーにブリザーブドフラワーキットがあるんです。ぜひチェックしてみてください。まるで生花のようで枯れるスピードが遅いため、メッセージカードやフォトフレームなど、生花ではアレンジが難しいものでも大丈夫です!

 

style #993366;”>< style #cc99ff;”>フラワーアレンジメントの style #800080;”>SOS style #993366;”>>

フラワーアレンジメント初心者さんが苦戦しがちなところを解決するアドバイスをしたいと思います。なかなか上手くいかず悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。

style #800080;”>SOS! style #cc99ff;”>花びらが落ちちゃった

花を挿しているときに力んでしまうと、花は繊細なので花びらが落ちてしまいます。花に触れるときは適度な力でもって、なるべく手早く作っていきましょう。

style #993366;”>SOS! style #cc99ff;”>高さが決まらない

花器と花のバランスを考えるのって難しいですよね。基本的には花の高さは花器の高さの2倍と言われていますが、ほかにも花器の高さ+幅の1.5倍だったり、2倍だったりという説もあります。自分の花と花器のサイズを考えながら合ったものを選んでみてください。

style #993366;”>SOS! style #cc99ff;”>花がぎゅうぎゅうになっちゃう

花の丈が短いと密集してしまいこういうことになります。「ボリュームがあっていいんじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、密集してしまうと花が蒸れてしまい、日持ちしにくくなる原因となります。また、枯れないと言われているブリザーブドフラワーの場合は、密集することで色落ちの原因となります。

 

 

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)