青やピンク、白など色が可愛い♪ワスレナグサ育て方や開花時期、花言葉

青やピンク、白など色が可愛い♪ワスレナグサ育て方や開花時期、花言葉

ワスレナグサのプロフィール

一般名 ワスレナグサ
学名 Myosotis scorpioides
英語名 forget-me-not
別名 勿忘草、忘れな草
科名 ムラサキ科
属名 ワスレナグサ属
原産地 アジア・ヨーロッパ
草丈 20~50cm
花径 6~9cm
開花時期 3~5月

ワスレナグサの説明

ワスレナグサはヨーロッパ原産で、日本には明治時代に輸入され、今では全国各地に群生しています。寒さには強いですが暑さに弱く、日本では北海道や長野などの冷涼な土地でしか夏を越すことができません。春から初夏にかけて小ぶりの5弁花を咲かせます。淡い青色で中央が黄色の可愛らし花を咲かせます。青以外にも白やピンクのワスレナグサもあります。とても育てやすく、花が咲いている時間が長いため、長い間鑑賞することができます。秋に種をまくと、春に花を楽しむことができます。

ワスレナグサの花言葉

「私を忘れないで」
「真実の愛」
「真の愛」

花言葉と英語の花の名前が同じで、英語名は「フォゲット・ミー・ノット」です。花言葉からイメージした曲や歌、詩などが数多く作られています。

花言葉の由来とエピソード

ワスレナグサの花言葉は、次のエピソードに由来しています。

昔、ルドルフという騎士と仲の良い恋人のベルタがいました。二人がドナウ川の岸辺を散歩していた時のことです。恋人ベルタが川の中の小島に咲いていた青く美しい花に目を止めました。ベルタは花を欲しがり、ルドルフは花をプレゼントするために川に入りました。ところが川の流れが思ったよりも速く、ルドルフは花を摘み取ったものの強い流れに巻き込まれてしまいました。自分の死を予感したルドルフは、花をベルタの足元に投げて「私を忘れないでくれ!」と叫び、力尽きて川に飲み込まれてしまいました。ベルタは生涯、その花を髪に飾り続けました。

ワスレナグサには、もう一つエピソードがあります。

エデンの園で、植物に名前を付けていたアダムが、全部付け終わったと思っていたにもかかわらず、この花だけ名前を付けるのを忘れていました。とても美しい花なのに名前を付け忘れていて驚いたアダムは、「二度と忘れないように」という意味でワスレナグサと名付けました。

属名のMyosotisはギリシャ語のハツカネズミ「myos」と耳「otis」を意味し、茎と葉に細く柔らかい毛が生えていて葉が互生につく姿がネズミの耳に似ている事に由来します。学名のscorpioidesは、「サソリの尾」という意味があり、花と茎がサソリの尾のようになっていることに由来します。日本では観葉植物として栽培されています。

ワスレナグサの誕生花日付

4月24日

まとめ

一つ目のワスレナグサのエピソードはとても切ないですね。自分のせいでルドルフが命を落とすことになって、ベルタはとても後悔したのではないでしょうか。ワスレナグサは育てやすい花なので、きっとベルタはワスレナグサをたくさん育てて毎日髪に飾ったのでしょう。ワスレナグサを身に着けていると、恋人から決して忘れられることがないという言い伝えがあります。ルドルフも天国から見守っていたのでしょうね。わたしもルドルフとベルタのような真実の愛を見つけてみたいです。初めてワスレナグサの花言葉を知った時、「私を忘れないで」という花言葉は、女性が男性に向けての言った言葉だと思っていて逆だと知ったので少し意外でした。青い、はかない花の水色は、男性の涙の色なのかもしれません。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)