ゼラニウムの育て方と色違いのゼラニウムの寄せ植え方法!

ゼラニウムの育て方と色違いのゼラニウムの寄せ植え方法!

ゼラニウムの説明

科目 フウロソウ科 別名 テンジクアオイ 原産地 南アフリカ

四季咲きで真冬と真夏以外はほとんど咲いてくれるありがたい花です。比較的、寒さ暑さにも強く管理もしやすい丈夫な花です。葉の形も班入り美しい丸い形をしています。花色もピンク、白、赤、紫など豊富です。

ゼラニウムの育て方

殖やし方としては、種まきに適しているのは、発芽温度が高めのため、晩春かあまり暑すぎない秋口です。挿し木も10センチ前後の茎を切り取って用土にさしておくだけでできます。通年できますが、暑さや寒さの季節を苗の時期で過ごさないようにするための時期を考えましょう。

ゼラニウムは、水はけのいい土でやや乾燥気味の環境を好みます。植えている期間が長いため、緩効性の肥料をすきこんで、生育とともに液肥などを1月に一度など定期的に与えていくといいでしょう。花の咲いている期間、春や秋など少し多めに施してあげます。

手入れをよくしていても、自然に葉が、枯れてきたり、落ちたりします。そうするとくきだけががひょろひょろとのびたような、間延びした印象をあたえることがあります。春や秋など、よく株が生育する時に、切り戻しをおこなうと生長がはやいた。間延びした姿をすぐに整えることができます。ただいっぺんに切りすぎないようにしましょう。何度かわけて、少しずつ整えます。花は新しい芽につきますので、切り戻しで新しい芽をだしますので、花の咲く位置をじぶんの思う位置に整えることもできます。

花がら摘みもまめにおこない、一つの茎の花が全部枯れたら、根元から切り取りましょう。通年育ちますので、鉢やプランターで育てていう場合は、1年に1回ぐらいは、ひとまわりおおきなものに植えかえて新しい用土を足してあげて 根詰まりを防ぎましょう。

ゼラニウムと一緒に育てるといい花

通年咲きとおしてくれますので、いろいろな組み合わせが楽しめます。葉も美しいので寄せ植えには便利な存在です。やや乾燥気味なのが好きなのと生育が旺盛なのでほかの花を押しのけてしまわないか、スペースを考えて植え付けましょう。葉が落ちて茎が伸びて草丈が高くなってしまった場合などは前面に横に広がりがちなスイートアリッサム、アイビーをアクセントに植え付けるとバランスがとれるのではないでしょうか。春の定番、色調をそろえてパンジービオラなどと合わせてもいいし、横に伸びる品種のゼラニウムもありますので、色違いのゼラニウムだけを組み合わせて、プランターに入れて窓辺に飾るのもすてきです。

まとめ

ゼラニウムには独特のにおいがあり、敬遠されるときもあります。最近はバラのようないい香りのするローズゼラニウムが出てきています。虫よけにもなる香りだそうです。

テレビに映し出されるヨーロッパの風景。大きな出窓ひとつひとつに、鉢やプランターに植えた華やかな花がつるしてあります。その代表格がゼラニウムではないでしょうか。ゼラニウムの赤と北国の白い壁が対比され、一層美しさをましていました。最近では。日本でもハンギングバスケットなども盛んになり、窓辺を飾ろうという人が増えました。真冬と真夏以外はほとんど外でも楽しめる花です。季節季節で別の花やアイビーも組み合わせて、ゼラニウムの花を窓に飾ってみませんか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)