フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

クロッカスの育て方とチューリップの寄せ植えについて♪

クロッカスの育て方とチューリップの寄せ植えについて♪

クロッカスの説明

科目 アヤメ 別名 ハナサフラン 原産地 地中海沿岸 アジア

早春に鮮やかな紫、黄色や白などの鮮やかな花をつけてくれる球根の花です。草丈が低く小さなすがたがとてもあいらしく、むかしから人々に愛されています。比較的寒さには強いですが、あまりじめじめした所を好みません。

室内で、水栽培もできます。その場合は暖房のないお部屋で行いましょう。ガラスの器にクロッカスの美しい緑の葉にかたくつぼんだ白い花弁、窓辺においてもすてきです。(発根するまでは明かりが当たらないように管理します)

クロッカスの育て方

クロッカスは苗や球根から育てることがほとんどです。日当たりがよく、風通しもよく水はけもよいところを好みます。環境があいさえすれば、地植えの場合、2,3年植えたままでも大丈夫です。

球根か、苗で育てます。地植えの場合、日当たりがよいところをえらび、少し深めに耕して、そこによく熟成した腐葉土と緩効性の肥料を混ぜ込みます。鉢やプランターに植え付けるときには、必ず鉢底石をおいて、その上に鹿沼土などをしき、水はけが良くなるようにします。用土も水はけのよいものをよく選びます。そして緩効性の肥料もまぜこんであげましょう。最初から入っているものも便利です。

冬の寒さにあてたほうが、花をよくつけてくれますので、秋口に、植え付けます。地面から浅めに 密集して咲いたほうが美しいので、株間は少なめしましょう。

鉢植えの場合、花が咲くまでの、よく育つ時期は、水を必要としますが、水のやりすぎは球根を腐らせてしまうこともありますので注意します。よほど乾燥しないかぎり、地植えは、ほとんど必要ありません。開花してからは、あまり肥料を必要としません。開花後、お礼肥(開花後、施す肥料。)をあげて、球根を太らせす。

クロッカスは種をつけると、そちらに栄養を取られ、球根が太らないので、花が咲き終わったら花の付いていた茎を根元から摘み取ります。

クロッカスと一緒に育てるといい植物

個人的にですが、春の三大球根花、クロッカス、チューリップ、ヒヤシンスを一緒に植えるとすてきです。冬の間、さびしく感じるときは、すこし株間を多く取って、ビオラを植え付けるとはなやかになります。ヒヤシンスのいい香りが漂うとてもかわいい花壇や鉢の出来上がりです。

春を告げる花として、小さな丸い鉢に色違いのクロッカスを数種類植え付けて特別に飾っても面白いでしょう。。

まとめ

今はもうなくなってしまいましたが、小学生のころ、近所に住んでいた少し変りものとよばれていたおじいさんが住んでいた家に続く、小道がありました。小道の両脇にクロッカスが植えてあって、毎年、白い花をつけていました。かわいらしいクロッカスに用もなく、ちょっとのぞきこんだりしていました。ある日、おじいさんが私をよびとめ、花がいっぱい植えてある庭(おじいさんの空き地?)に連れて行ってくれました。たくさんの花が無造作に咲き誇り、夢のようにきれいだったのを覚えています。そこに植えてあった花がなんであったかなどはおぼえていません。ただ、おじいさんの家に続くクロッカスだけは、ありありと思い浮かびます。私にとっての秘密のはなぞのですね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)