フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

お庭に植えたい!モッコウバラの花言葉と名前の由来

お庭に植えたい!モッコウバラの花言葉と名前の由来

モッコウバラのプロフィール

一般名:モッコウバラ
学名:Rosa banksiae
科名:バラ科
属名:バラ属
原産地:中国
茎高:50㎝~7m
花形:直径2~3cm前後の多弁花
開花時期:4~5月

モッコウバラの花言葉

モッコウバラの花言葉は、「純潔」、「あなたにふさわしい人」、「初恋」、「幼いころの幸せな時間」、「素朴な美」と、心の中に大事にしまってあるものを思わせる素敵な言葉が並びます。

モッコウバラの花言葉の由来

モッコウバラは、棘はないもののバラ科の花、バラと共通の花言葉もあります。

「純潔」:モッコウバラが満開になると、緑の葉が見えなくなるほど花で埋め尽くされます。柔らかな花びらで満たされた光景は、「純潔」を表しているようです。

「あなたにふさわしい人」:半つる性植物のモッコウバラは、誘引した方向に素直に伸びていきます。あなたにふさわしい、相手に合わせるというモッコウバラの特徴を表現しています。

「初恋」、「幼いころの時間」:モッコウバラの花一つ一つは小さく、まだ小さかった頃を思い出させてくれるからでしょうか。幼いころにも大好きなものや人がいて、小さな心の中にいくつもいくつも大事なものをためていったように思います。モッコウバラの花が一つの枝にたくさん咲く様は、子供の頃に大事だったことを思い出させてくれるようです。

「素朴な美」:モッコウバラには、黄色と白の花しかありません。赤やピンク、紫といった華やかな色はなく、優しく合わせやすい色である、黄色と白の花だけを咲かせるモッコウバラ、素朴な美しさを感じます。

モッコウバラの名前の由来

モッコウバラは中国から日本に伝わりました。中国ですでに呼ばれていた名前が日本でも使われています。モッコウバラは香りの強い種ではないので、木香という名前は不思議な気がします。名前の由来には諸説あります、①花の香りがキク科の多年草で漢方の生薬である木香菊に似ているから。②モッコウバラの根が香料の原料として利用されていたから。花というよりは、根の方に香りがあるために、木が香るという名前が付けられたようです。

モッコウバラは、秋篠宮眞子様のおしるしに選ばれてから、さらによく知られるようになりました。小さく素朴な花がたくさん集まって圧巻の花景色をみせてくれるモッコウバラを選ばれた方のセンスは素晴らしいと思います。

お庭に植えたい、棘がなくて素直なモッコウバラ

モッコウバラは棘がなく、バラにしては害虫や病気にも強く育ちやすい種だとか。満開になると、花柱のように見えるほどたくさんの花を一気につけて実に見事です。チューリップで有名な公園の石垣沿いにモッコウバラが這わせてあるのですが、石の硬さとのモッコウバラの丸っこくて柔らかい花のコントラストが素晴らしく、毎年見に行きます。お庭があったら、是非植えたい花ですが、手入れもそれほど難しい花ではないようなので、行燈仕立てにした鉢植えをも良いかなと思いました。誰かに贈るなら、子供時代を知っている親戚か友人の子に、就職や卒業、入学といった節目のお祝にしてもいいかもしれもしれないと思いました。「幼いころの時間」を忘れないで、という気持ちをこめて。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)