フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ライラックの花言葉の花言葉、原産地、特徴

ライラックの花言葉の花言葉、原産地、特徴

ライラックのプロフィール

一般名:ライラック
学名:Syringa vulgaris
科名:モクセイ科
属名:ハシドイ属
原産地:ヨーロッパ、コーカサス地方、西アジアの高原地帯
樹高:4~8m
花形:先が4裂した5-8mmの筒状花が紡錘状につく
開花時期:4~5月

ライラックの花言葉と由来

ライラックの花言葉は、「思い出」、「友情」。紫色のライラックの花言葉は、「初恋」、「愛の芽生え」。白いライラックの花言葉は、「無邪気」、「若さ」、「青春の喜び」、「若き日の思い出」です。

フランスでは、白いライラックは青春を象徴する花といわれていて、花言葉にもそれにふさわしい言葉が並びます。ライラックのすっきりとした若々しい香りは、「初恋」や「愛の芽生え」、若いころからの「友情」を感じさせます。とはいえ、ライラックといえば薄紫色、色の名前にもなっていて、JIS規格にも登録されています。

ライラックの名前の由来

英語で「ライラック」と呼ばれていますが、フランス語では「リラ」です。日本でも、文学作品では、リラという名前の方多く使われているようです。「ライラック」と「リラ」は、「LILAC」の発音の仕方が違うもので、サンスクリット語で暗青色を指す「nila」に由来します。

和名は「ムラサキハシドイ」、紫色の花が枝の端につくことから、「端につどう」ということで、この名がついたそうです。ハシドイは、日本語の属名もになっています。英語の属名は「syringa」ですが、こちらは、ギリシャ語で管や笛を意味する言葉です。ライラックの木で縦笛を作っていたことに由来します。

ライラックの特徴

ライラックは涼しい所を好むので、日本では北海道でポピュラーな木です。札幌市の市の木にもなっています。5月中旬から見ごろを迎え、5月の末には毎年「ライラックまつり」が行われています。桜の咲く季節に、急に気温が下がることがありますが、そういった日のことを「花冷え」といいます。ライラックが咲く5月から6月ごろに、北海道では、急に気温が下がる日があり、そのような状況を、「リラ冷え」といいます。渡辺純一の小説「リラ冷えの街」で、この言葉は全国に知られるようになりました。ライラックの淡い花の色と相まって、涼しい中に芯の通った雰囲気を感じる言葉です。

香りも素晴らしいライラック

ライラックの花の色、リラという色は人気のある色です。藤色にも似ていますが、もう少し鮮やかな感じがします。ライラックは、香水にもなっているほど香りの良い花です。満開のライラックの木のそばを通ると、幸せな気持ちになれる香りがします。そんなライラックですが、切り花にしてしまうと、香りがなくなってしまうというのは、とても残念です。ライラックの香りにはダイエット効果もあるというので、是非楽しみたいものです。ライラックのエッセンスオイルでアロマテラピーをというのもよいかもしれません。。玄関に置くと、家に出入りするたびに若いころの色々な「思い出」がよみがえってきそうです。実は、ライラックの花は通常4弁ですがまれに5弁のものがあり、5弁のものを見つけたら誰にも言わずに黙って飲み込むと思いがかなう、という言い伝えがあります。もし見つけたら、試してみたいものです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)