フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ハイビスカスの開花時期、花言葉、名前の由来、特徴

ハイビスカスの開花時期、花言葉、名前の由来、特徴

ハイビスカスのプロフィール

一般名:ハイビスカス
学名:Hibiscus Hybrids
科名:アオイ科
属名:フヨウ属
原産地:世界中の熱帯・亜熱帯
樹高:20㎝~3m花形:漏斗型がく片5裂
開花時期:5~10月

ハイビスカスの花言葉

ハイビスカスの花言葉は、「繊細な美」、「新しい恋」です。赤いハイビスカスの花言葉は、「常に新しい美」、「勇敢」です。

ハイビスカスは、1日花なので、1日で枯れてしまいますが、次々に新しい花が咲きます。「新しい恋」、「常に新しい美」という花言葉は、この特徴に由来するようです。また、ハイビスカスの花は華やかですが、柔らかな花びらや絶妙な長さの雌しべまで、「繊細な美」を持った花です。一方で、ハイビスカスの花の大きく開いた姿はパワフルで、「勇敢」な感じがします。

ハイビスカスの名前の由来

ハイビスカスという名は、ラテン語のhibiscum(タチアオイ)からきています。hibiscumは、エジプトの美を司る女神「ヒビス」に「似ている(ギリシャ語でイスコ)」が転訛したものだと言われています。やはり、世界中どこの国の人が見ても、美しい花、なのですね。

日本では、扶桑花(ブッソウゲ)と呼ばれていました。中国から日本に伝わり、中国では扶桑と呼ばれていたので、それに花を足して「ふそうげ→ぶっそうげ」となったようです。中国では、この花は墓地に植える花だったので、「仏桑」と呼ばれるようになったとのことです。沖縄から伝わった種は、琉球むくげという名で知られています。沖縄でも、ハイビスカスをお墓に植える習慣があるそうです。

ハイビスカスの特徴

ハイビスカスの赤は、生産地では染料としても使われます。ハイビスカスは食用にもできるそうです。インドではハイビスカスの花を塩漬けにしたり、ジャムやソースにして食べたり、葉を野菜として食用にしているとか。ジャワやインドでは靴墨の発色を良くすると、靴磨きにも使われています、そのため、「靴の花」という別名もあるそうです。沖縄では、ハイビスカスの花で髪を洗ったりもするとか。靴に輝きを与えるように、髪もつやつやにしてくれそうです。同じアオイ科のロゼリソウという種の方がよく使われるそうですが、乾燥させた花をお茶にして飲むこともできます。ハイビスカスティーは、ビタミンCが豊富で、少し酸味があって暑い時にさっぱりするお茶です。

元気づけてくれるハイビスカス

咲いた花は1日しかもたないけれど、毎日新しい花を咲かせるハイビスカス、「常に新しい美」を見せてくれます。ハイビスカスというとハワイ、というイメージで、真っ青な空の下、青い海辺に咲く真っ赤な花が思い浮かび、爽快な感じがします。大輪でくっきりとした輪郭のハイビスカスの花を見ると、くよくよせず元気を出そうという気持ちになれます。「勇敢」に新しい一日に立ち向かっていこう、という気持ちをこめて、新たな生活を始める友人にプレゼントしたいお花です。ただ、残念ながら、花もちは良くないので、乾燥させたハイビスカスティーを贈るのもいいかなと思います。ビタミンCもとれるし、さわやかな酸味で元気づけてくれそうなので、よいのではないでしょうか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)