フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

コデマリの特徴、花言葉、原産地、開花時期など

コデマリの特徴、花言葉、原産地、開花時期など

コデマリのプロフィール

一般名:コデマリ
学名:Spiraea cantoniensis
科名:バラ科
属名:シモツケ属
原産地:中国
樹高:1m~1.5m
花形:直径3~6cmの散房花序
開花時期:4~5月

コデマリの特徴

コデマリは落葉低木で、枝垂れた枝に沿って、手毬状の花がたくさんつきます。たわわに花がついた姿は見事です。手毬状の花は、たくさんの小花がまとまってできています。1つ1つの小花は直径1㎝に満たないもので、5枚の花弁が真ん中で停められたような形をしています。小さな花1つ1つがそれぞれ愛らしい形をしていて、その花がまとまって直径3cmほどの手毬状になっています。葉は縁がギザギザしている楕円形ですが、秋には紅葉し、冬には落葉します。春には花を、秋には紅葉を楽しめる木なので、庭木としても愛されています。

コデマリの花言葉

コデマリの花言葉は、「上品」、「品格」、「優雅」、「友情」です。

コデマリは中国から日本に渡来しました。当時は、鈴懸と呼ばれていました。コデマリの手毬状の丸い形を鈴に見立て、枝に鈴がたくさんかかっているように見えるということで、鈴懸という名がつけられたそうです。鈴に見えるか、手毬に見えるかはともあれ、枝に鈴なりになっている白い花玉は、「品格」があり「優雅」です。コデマリの花の白さも、「上品」さを感じさせます。小さな花が集まって花序をつくる様が、「友情」という花言葉につながるのでしょうか、1つではコデマリの花にならないように、人も友情なしでは生きていけない、のかもしれません。

小手毬のエピソード

コデマリがいつ日本に渡来したのかはわかっていませんが、江戸時代にはすでに定着していました。江戸時代初期に編纂された園芸書「花壇項目」には180種類ほどの植物の形状や栽培法が扱われていますが、コデマリに関する記述もあります。江戸時代が始まる前から、庭木として愛されていたことが分かります。

コデマリは俳句にも詠まれています。花の咲く春の季語になっています。楠目橙黄子の詠んだ「小手毬を活けたる籠も佳かりけり」という句からは、庭木としてだけでなく、切り花としてのコデマリの美しさが感じられます。高価な花瓶よりも、ざっくり編まれた蔦の籠が似合う気がします。文学作品にもよく出てくるコデマリ、島崎藤村の「千曲川のスケッチ」は、自然描写が素晴らしい作品ですが、小手毬が咲き鯉の泳ぐ池のある庭が出てきます。いつかをあえて書くことなく、季節感を出せる小道具としても秀逸な花です。

コデマリのある庭は憧れの庭

子供の頃に読んだ漫画や絵本に出てくる小手毬は、「上品」で「優雅」で、花言葉のイメージ通りの花でした。花手毬がたくさんついている木は、絵の中でも本当に美しく、お庭にこの木があればよいのにと幼心にもあこがれたものでした。子供だったので、その手毬でボール遊びをする気満々だったというのは、笑い話ですが。今でも、コデマリときくと、白い花手毬が木の枝をコロコロと転がっている様子が目に浮かびます。風に揺れるコデマリの木は、そんな気持ちをさらに強めてくれます。花の終わりの時期に強い風が吹くと、コデマリの枝から細かい花びらが散るのですが、その姿は季節外れの粉雪が舞うかのようです。コデマリは、散る姿も美しく、「優雅」です。

 

 

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)