フラワーアレンジメント資格の種類一覧|受験料・仕事・メリット

フラワーアレンジメント資格の種類一覧|受験料・仕事・メリット

花は、その美しさから数多くの場面で利用され、その数だけの職業があります。

中でも人気の高いフラワーデザイナーは、花を整え、組み合わせ、飾りつけることで見ている人に癒しを与えます。

フラワーデザイナーは医師や教師などとは違い、特別な資格が必要となる仕事ではありませんが、資格を取得することで就職や転職で有利になります。また、趣味として楽しみたい方でも、資格の勉強をする過程でいろいろな知識が身につくため、フラワーアレンジメントの可能性が広がります。

フラワーアレンジメントとは

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントとは、花を整え、組み合わせ、飾りつけることです。

器に入れる以外にもブーケにすることもあります。

フラワーアレンジメントと生け花は混同されがちですが、フラワーアレンジメントは花を吸水スポンジに挿すのに比べ、生け花は剣山を使います。

また、フラワーアレンジメントの方が華やかなものが多いです。

フラワーアレンジメントにはリラックス効果があり、プレゼントにも選ばれることが多く、プレゼントされたらすぐ飾ることができるため、知識がない人でも飾りやすいのが特徴です。

さらに、フラワーアレンジメントは趣味にとどまらず、仕事としても人気です。

フラワーアレンジメントに関する職業には、フローリスト・フラワーデザイナー・ウェディングフラワーコーディネーターなどがあります。

働くために資格が必要か

フラワーアレンジメントに関する資格はたくさんあります。しかし、国家資格が必要な医師や弁護士とは違いフラワーアレンジメントには必須となる資格はありません。

しかし、就職・転職をする際に技術や知識の証明ができるため取得することで有利になるだけでなく、講師資格を得ることで、スクールで講師としてフラワーアレンジメントを教えることが出来ます。

また、資格の学習を通して学べる知識も多いので、必須ではないですが、取得しておいて損はありません。

在宅で受けられる資格も多いため、ぜひ一度受験してみてはいかがでしょうか?

 

また、花屋に就職する際にもう一つ大切な資格が、運転免許です。

花の仕入れや納品の際、安全に長距離を運ぶためには車で移動する必要があります。

そのため、就職の際に花の資格だけでなく車が運転できるのは大きなアピールポイントになります。

運転免許が必要ない就職先は、駅やホテルの中に併設されている花屋が中心なので、運転免許があるだけで選べるお店が増えます。

まだ運転免許を持っていない方は、なるべく取得しましょう。

資格を取得するための勉強方法

フラワーアレンジメントの資格取得の際におすすめの勉強法が、通信講座を受講することです。

資格取得で人気の通信講座は、独学とスクールのいいとこどりと言えます。

しかし、メリットばかりではないのも事実です。

通信講座のメリット

・在宅で受けられる

・効率的に学べる

・モチベーションを維持しやすい

 

通信講座は、スクールに通った場合と同じ内容を学べる上、在宅で勉強を進めることができます。

そのため、仕事や学業と両立しつつ、就職・転職に備えて勉強する方でも、時間に余裕をもって進めることが出来ます。

日頃忙しく、夜遅くや休日にしか時間の取れない方から人気です。

そして、通信講座は確立したカリキュラムに沿って学ぶことができます。

そのため、独学する際にありがちな、効率の悪い勉強をしてしまう、調べた情報が正しいのか判らない、といった心配が必要ありません。

また、独学ではモチベーションが維持できないという方が多いですが、通信講座では、レポートの添削などでプロのアドバイスを受けることができるため、楽しく学ぶことができます。

通信講座のデメリット

・費用が高い

・教材を選べない

 

独学する際に必要な費用は、教材費のみです。

そのため、通信講座は独学に比べ、費用が高くなります。

また、自分に合った教材を選ぶことができないのも不便を感じるポイントです。

独学は可能か

花束

独学でも十分合格することができます。

しかし、例外はあります。

まず、難易度が高すぎる場合です。

自分の能力と取れる時間と相談し、厳しいと判断した場合は通信講座やスクールに通うことをおすすめします。

次に、講座を受講することが合格の条件となっている場合です。

資格の中には、指定の通信講座を修了することや、スクールに通うことで初めて受験資格を得られるものがあります。

そういった資格の場合は、必然的に受講することになります。

フラワーアレンジメント資格一覧

初めは一度、難易度の低い試験を独学してみて、無理そうであれば通信講座を受講してみても良いと思います。

また、知識面だけでなく、技術力を問われる試験もあります。

この場合だと、文章や写真だけでは習得しにくいため、独学で受かりそうかを事前に調べることが大切です。

自分に合った資格を見つけ、スキルアップや就職に活かしましょう。

フラワーアレンジメントデザイナー

フラワーアレンジメントデザイナーは、日本デザインプランナー協会が運営する資格で、フラワーアレンジメントに関する知識を一定以上有していることを証明します。

この資格は、プロ以外にも趣味として取得する人が多いのが特徴です。

受験は、日本デザインプランナー協会のホームページから申し込むことができます。

すべて在宅で受けることが出来るため、忙しい方におすすめです。

 

〇フラワーアレンジメントデザイナー

資格協会:日本デザインプランナー協会

受験料:10000円

開催場所:在宅

試験日程:年6回(偶数月)

 

飾花インストラクター

飾花インストラクターは、日本インストラクター技術協会が運営する資格で、花や花器に関する知識だけでなく、フラワーアレンジメントの技術も問われます。

合格基準は70%と、比較的簡単な部類なので、気軽に受けることができ、人気の資格です。

日本インストラクター技術協会のホームページから申し込むことが出来ます。

 

〇飾花インストラクター

資格協会:日本インストラクター技術協会

受験料:10000円

開催場所:在宅

試験日程:年6回(偶数月)

 

マミフラワー講師

マミフラワー講師を運営するマミフラワーデザインスクールは、フラワーアーティストのマミ川崎さんが主催の知名度の高いフラワースクールです。

マミフラワーは、さまざまなコースに分かれており、中でもフラワーデザインコースを修了すると、講師資格を得られます。

カリキュラムはビギニング・アドヴァンス・プログレス・専攻科に分かれており、合計134単位があります。

専攻科になると、色彩学から造形論まで、幅広い知識が必要になります。

専攻科を修了することで講師の資格を得ることが出来ます。

料金は、入学時に41404円、1回のレッスンにつき5500円です。修了証書は20000円です。

 

〇マミフラワー講師

資格協会:マミフラワーデザインスクール

受験料:受講費のみ

開催場所:全国の各教室

試験日程:-

 

マナコフラワーアカデミー師範

マナコフラワーアカデミー教授は、マナコフラワーアカデミーが運営する資格で、普通科・高等科・師範科・教授2級・教授1級に分かれています。

師範科を修了し、試験に合格すると、師範としてマナコフラワーの登録教室として営業することが出来ます。

料金は、フラワーデザインフレッシュコース 普通科 月1回の場合、9900円/月です。

 

〇マナコフラワーアカデミー教授

資格協会:マナコフラワーアカデミー

受験料:受講費のみ

開催場所:全国の各教室

試験日程:-

 

フラワー装飾技能士

この資格の最大の特徴は、フラワーデザイナー唯一の国家資格であることです。

知名度も高く、人気の資格ですが難易度が高く上級者向けです。

試験は、3級、2級、1級に分かれており、受験に必要な実務経験は3級で6か月、2級で2年、1級で7年です。また、学歴によって短縮されます。

受験難易度は高いですが、フラワーデザイナーで最高峰の資格と言われています。

 

〇フラワー装飾技能士

資格協会:都道府県職業能力開発協会

受験料:学科 3100円・実技 16500円

開催場所:各都道府県の職業能力開発協会

試験日程:3級 7月下旬・1/2級 9月上旬・実技は6月上旬~9月上旬

 

フラワーデコレーター

この資格は3級、2級、1級に分かれており、3級は指定講座を受講すれば自動的に取得できます。

2級取得で3級の資格取得可能な教室を開くことができ、1級取得で2級の資格取得可能な教室を開くことができます。

 

〇フラワーデコレーター

資格協会:フラワーデコレーター協会

受験料:2級 10800円(認定登録料32400円 年会費12960円)

1級 22000円(認定登録料43200円 年会費12960円)

開催場所:FDA認定校

試験日程:2級 2月6月10月・1級 年2回(春 秋)

フラワーデザイナー

50年以上の歴史のあるこの資格は、3級、2級、1級に分かれており、3級で基礎を学び、2級で知識を深め、1級では自分で考え、創りだす能力が問われます。

3級から順に受ける段階試験になっています。

3級を受験するには、スクールに入学し、履修単位を40単位取得することが条件です。期間は約半年から1年かかります。また、2級、1級の受験にもそれぞれ40単位が必要になります。

入会金は10000円、年会費は15000円、昇級料は2級に昇級する際に10000円、級で15000円です。

 

〇フラワーデザイナー

資格協会:日本フラワーデザイナー協会

受験料:3級 17000円

2級 22000円

1級 27000円

開催場所:全国の各試験会場

試験日程:年1~8回(試験会場により変動)

資格取得後の仕事、収入

フラワーデザイナーの月給は、15~30万円ほどだと言われています。

平均年収は300万円程度と言われていますが、自身で教室を開業したり、フリーランスとして活動したりすることでより高い収入を得ている方も多いです。

資格取得のメリット

フラワーデザイナーは他の職業に比べて資格による給料の変動が少ないと言われています。

しかし、資格の勉強を通して技術や知識を身につけることができます。また、教える立場になる場合は講師の資格として必要になることもあります。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント