フラワーアレンジメントの基本の形・バランスのとり方

フラワーアレンジメントの基本の形・バランスのとり方

アレンジの基本となる形をご紹介します。
基本をマスターしておくと、それらを応用してオリジナルの作品を作ることができます。

フラワーアレンジメントの基本の形

フラワーアレンジメント

・ラウンドドーム形(丸形)
→360度花を飾るラウンドドーム型(丸形)です。

フラワーアレンジメント

・扇形(ファン)
→末広がりの扇形です。

・三角形(トライアングル)

・水平形(ホリゾンタル)

・L字形
→Lの字を構成します。

これらの形に対して、形が定まっていないものを「フリースタイル」と言います。

三方見と四方見とは

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントの作品を飾る場所によって、ふさわしい形を作る必要があります。

・三方見
→壁や角など背後から見る必要のない場所ですと、三方見になります。
正面を中心に三方向から鑑賞するアレンジです。
アレンジは180度で展開するため、背後に花を挿す必要がありません。
アレンジの重心はやや後ろです。自然に見えるようにしましょう。

三方見のアレンジメント・・・扇形(ファン)、三角形(トライアングル)、L字形

フラワーアレンジメント

・四方見
→テーブルなどどの角度からも見ることができる場所ですと、四方見になります。
どの角度からも、360度鑑賞できるアレンジです。
左右前後、真上から見られることを意識してアレンジしましょう。
アレンジの重心は、円の真ん中に持ってくるようにしましょう。
三方見よりもやや低めにアレンジします。

四方見のアレンジメント・・・ラウンドドーム形(丸形)

アレンジメントをバランスよくするコツ

フラワーアレンジメント

・アウトラインをとる
小花やアレンジメントの流れとなる花材を使います。
アレンジ全体のアウトライン(輪郭)を取ることでバランスを決めます。

・左右対称はNG
花首が横ばいにならないようにし、左右対称ではなく少しずらすことでアレンジが単調になりません。

・一番目立つ花は中心に挿す
花材の中から1番輝いているもの、主役になるものを選んでアレンジメントの中心に挿しましょう。
これをフォーカスポイントと言います。

・濃い色の花はなるべく中心に挿す
濃い色は一番目立つ花の周辺、中心付近に挿しましょう。
外側に挿すと焦点が散漫してしまいます。

・大きい花は低く、小さい花は高い場所に挿す
大きい花はなるべく低い位置に挿し、重心を下に持ってきましょう。
小さい花は高い場所に挿すことでバランスがよくなります。

・少し離れた位置からチェックする
バランスよく仕上げるには少し下がって遠くから、形・バランスの良さをチェックしましょう。
吸水スポンジが見えていないかどうかもこの時に確認します。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント