フラワーアレンジメントとは?アレンジの基礎

フラワーアレンジメントとは?アレンジの基礎

フラワーアレンジメントとは

フラワーアレンジメント

花を部屋に飾ると周りの雰囲気を和ませてくれたり、部屋が明るくなったりします。
フラワーアレンジメントは、花をただ挿すだけではなく、テクニックを使ってアレンジすることでより華やかになり、お部屋のインテリアとなります。
フラワーアレンジメントを学ぶことで花との触れ合いが楽しくなるでしょう。

花の選び方

庭

花の選びの基本は、まずは主役となる花を決めることです。
その主役の花に合わせて、次はサブになる花を選びます。
花の特徴を考えて選ぶと失敗が少ないです。花の特徴は主に4つのグループに分けられます。

花のタイプ別グループ

①個性的な形をした花・・・主役になることができる花
特徴のある形をしていて、主張が強い花です。
アレンジメントの中でも中心にいけることが多いです。

ユリ

例)ユリ、アンスリウム、カラーなど

②花びらが密集している丸い形の花・・・主役にも脇役にもなれる花
①の花が主役に使わないときはこの②の花が主役になることが多いです。

カーネーション

例)カーネーション、バラ、キクなど

③小さい花・・・空間を埋めるのに役立つ花
ふんわりとした印象の花が多いです。
全体にボリュームを出したいときなどにも使われます。

ホワイトレースフラワー

例)ホワイトレースフラワー、カスミソウなど

④線的な花・・・全体に動きや流れを出すのに役立つ花
全体の雰囲気にアクセントを加えたり、アウトラインをとったりする際などに使われます。

まずは主役となる①、②の花を選びましょう。
イメージに合わせて③、④を加えて全体を作ります。

アレンジメントのサイズ

アレンジメントのサイズによって、必要な花の量や材料が変わります。
事前にどれくらいの大きさのアレンジメントを作りたいか決めておきましょう。

大きなアレンジメント・・・主役の花のほかに、空間を埋めるために脇役の小さな花もある程度必要になります。
本数や種類も豊富になります。

フラワーアレンジメント

小さなアレンジメント・・・主役の花に少しのサブ的な花を数本用意して作品を作ることができます。花の量も少なく済みます。
初心者は小さなアレンジメントから挑戦するとよいでしょう。

フラワーアレンジメント

 

色の組み合わせ方

まずは、ベースとなる色を決めましょう。
そのベースに合わせて他の色を決めます。

アレンジの色は主に3つに分けられます。

①同系色・類似色
・色の濃淡で変化を出します。
・色の近い者同士を組み合わせるため失敗が少ないです。
・初心者におすすめです。

 

フラワーアレンジメント

②反対色
・大きく印象を付けたい場合や変化を出したいときには対照的な色を合わせます。
・配色が難しいです。間違えると印象が悪くなってしまいます。

フラワーアレンジメント

③ミックス色
・ピンクと黄色、オレンジと黄緑など強い色の組み合わせではければまとまった作品になります。
・組み合わせ方次第で様々な印象になります。

フラワーアレンジメント

色の持つイメージ

色にはそれぞれイメージがあります。

フラワーアレンジメント

例えば、
は情熱的、力強いイメージ
は健康的、注意
はリラックス、安らぎ

などです。

色の持つイメージを活かした作品を作ることができれば、よりレベルの高い作品になります。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント