フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ドイツスズランの花言葉と育て方!特徴を知って上手に育てよう!

ドイツスズランの花言葉と育て方!特徴を知って上手に育てよう!

基本情報

科目:キジカクシ目キジカクシ科
別名:キミカゲソウ
原産地:ヨーロッパ、本州中部から北

ドイツスズランの特徴、花言葉

さて、ヨーロッパ原産とあるドイツスズランですが、園芸で栽培されているドイツスズランの多くがヨーロッパの原産になっています。おしべが6本、めしべが1本ついており、4~5月に長さ15~20センチの小柄な花穂にベルのような白色の小花を十数個、鈴のように咲かせます。葉は大きく楕円形で、3枚前後の枚数が根際から出し付け根の部分は茎を包むようになっています。特徴としては、花の後に実を付ける習性があり、秋になると赤く熟成します。こちらもなかなか見ものですね。そして、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか、スズランの花と実にはコンバラトキシンという有毒物質が含まれています。万人に愛される可愛らしいお花、スズランですが、お子様などが誤って口に入れたり目に入れたりなどしてしまいますと大事に至りますね。花言葉としては「純潔」「純愛」「幸福の訪れ、再来」というニュアンスがあります。女性のお友達などにプレゼントをするときっと喜んで頂けるのではないでしょうか。

ドイツスズランの上手な育て方

育て方としてはあまり難しくなく、お花に慣れていない方でも気軽に育てることが出来ます。しかし、ヨーロッパ育ちのドイツスズランは暑さや湿気にとても弱いため、春と秋は日当たりの良い場所で問題ありませんが夏は暑さを避けた風通しのよい日影などで育てる必要があります。暑さなどで葉を傷めてしまいますと、十分に成長できず翌年の花付きに影響を及ぼしますので気がついたら早めに対処してあげられると良いですね。逆に、寒さには強いため特に防寒対策などは必要ありません。晩秋になると自然に枯れますが、それまでは元気な葉を保つ事が可能です。春から秋にかけての生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてあげましょう。多湿には弱いですので、その日の湿度を見てお水の量も調節してあげると良いかもしれませんね。冬は休眠していますが、土を湿らす程度でもいいので2日に1回ほどお水を与えましょう。(多湿が苦手だからと言って強い乾燥を好まないので、ひどく乾かさないためです)植え替えとしては、厳寒期を避けた11~12月、3月の休眠期に行うのが良いでしょう。休眠期は株が出来上がっており、傷がついたとしてもその後の成長への影響が少ないためです。

ドイツスズランに合う花って?

一緒に植えたい花としては、スズランの謙虚な純粋さを引き立たせるような明るいお花がよいでしょう。コキンバイなどのすこし大きめの明るい色の花を付けるお花が合うかもしれませんね。生け花であればスズランより5センチほど背の高い白いお花などもすらっとした大人びた印象を作ることができるのではないでしょうか。

まとめ

今回はドイツスズランに就いてまとめさせて頂きましたが、どうでしたでしょうか。執筆者としては、ドイツスズランは日ごろの生活で何とはなしに目にしている小さな家族のような存在でしたが、こうして習性などを改めて見てみますと可愛らしいスズランの意外な一面を見ることが出来たのではないかと思います。特に、コンバラトキシンというおどろおどろしい有毒物質を聞かされますとなんだか魅惑的に感じますね。スズランと言えば、白。しかし白でしかも1センチほどの小さな花って、少し心許ない、と思ったことがあります。然し、だからと言って赤いスズランや真っ青のスズランを想像してみますと、スズランではない花を思っているように感じます。ですから、スズランは「純白」「純潔」でないといけないのかもしれませんね。健気な可愛らしさで私達に幸福を微笑みかけてくださる、そんなスズランを皆様も一度育ててみてはいかがでしょうか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)