初心者にもおすすめ!ネモフィラの育て方と季節ごとの育てやすい花

初心者にもおすすめ!ネモフィラの育て方と季節ごとの育てやすい花

基本情報

科目:ムラサキ科ネモフィラ属
別名:ルリカラクサ、コモンカラクサ、ベビーブルーアイズ
原産地:北アメリカ

ネモフィラの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介するネモフィラですが、花の色は澄み切ったブルーとあまり冷淡さとうら悲しさが感じられないとても可愛らしい花です。開花期は3~5月と短いですが、たくさん花を咲かせてくれるため十分に楽しむことができます。葉は細かく切れ込まれており、自然に分岐していき花を咲かせながら大きく丸い優しい形に成長していきます。株張りは20センチ以上にもなり、根気よく育てていくことが出来ますと鉢やコンテナからあふれ出ていき立派にお庭が着飾られますね。緑化材料であるワイルドフラワーとしても多く利用され、ギリア、ハナビシソウ、リナリア、リムナンテスなどと混合した種をまきますと、絵に描いたような美しい花畑ができます。花言葉としては、「どこでも成功」「可憐」「あなたを許す」などといったニュアンスがあります。見た目に似つかわしく素直で可愛らしい花言葉ですね。ですがニュアンスのまったく異なる花言葉もありますのでプレゼントをした時の相手の解釈にも求めるものと差異が出るので注意が必要ですね。

ネモフィラの上手な育て方

育て方としては、とてとても簡単ですので初心者の方も気軽に育てることができます。毎日のお手入れのポイントとしては、「適度に乾燥した環境をつくってあげる」ことです。肥料も少なめの方が、丈夫な株に育ちます。枯れた花や葉はこまめに取り除いて綺麗な状態にしておきましょう。また、前述した通りネモフィラの葉はどんどん増えていくので、茂りすぎて混み合ってしまうようでしたら茎を間引くなどして風通しを良くしましょう。(葉の茂りすぎは湿潤の原因になります)風通しが悪くなり多湿で株が蒸れると灰色カビ病などの病気にかかる原因にもなります。置く場所としては、日当たりのいい場所に置きます。北アメリカ育ちのネモフィラは耐寒性に優れているので、霜や酷い凍結に気をつければ戸外でも冬越しが出来ます。裏を返せば、室内などの暖かい場所に置きますと茎が一斉に伸びお世話が大変になりますので室内に取り込むことは避けましょう。また、暑さに弱いネモフィラ、夏はどうするの?とお考えになる方がいらっしゃるかも知れませんが、開花期は3~5月と夏前に枯れてしまうため心配はご無用です。お水やりでは、ネモフィラは乾燥気味の土壌を好むため土の表面が乾いて白くなった頃に与えるのがベストです。水のやりすぎは株の病気の原因にもなりますし、過度な葉の成長によりフォルムが乱れる心配がありますので厳禁です。

ネモフィラに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、冬の終わりから春を迎える間のしみじみとした趣が感じられる色合いの花が良いですね。ネモフィラの素直な青色に、スイセンやムスカリといった背の高い深い青色の花を一緒に置きますと釈然とした美しさで風流がかんじられるのでは無いでしょうか。

まとめ

今回はネモフィラに就いてまとめさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。執筆者としては、ネモフィラは励ますように私たちの周りで咲き乱れ、寄り添ってくれるお姉さんのように感じます。小柄な花姿、脆弱過ぎるほどに優しさを感じさせるか細い茎に、燦爛と咲き乱れる姿は、ユートピアを想像するに当たって欠かせない要素であると思います。青い花と言えばリンドウなど、少し哀愁や憂さを漂わせるお花が多いと感じてしまいますが(それも魅力的ですが)、ネモフィラは「成功」という意味の花言葉を持っており親近感も沸きますし勢いよく咲き乱れる姿に元気付けられますね。あなたの素敵な拠り所となってくれるそんなネモフィラを、育ててみてはいかがですか。

ガーデニング初心者の人は、

季節ごとに育てやすいお花を知ることで楽しくガーデニングできるはずです。

夏に育てやすい花

「アメリカンブルー」は、アサガオを小さくしたようなブルーのお花です。

花を次々と咲かせるアメリカンブルーは、

ハンギングバスケットや寄せ植えすることをお勧めします。

日当たりがよく乾燥気味の環境を好む夏の暑さに強い花です。

寒さに弱いので、冬は暖かい場所で管理するようにしましょう。

「インパチエンス」は、半日陰でも育つお花です。

夏の直射日光の下でも次々に咲き続けます。

花色は、赤、白、ピンク、オレンジなどがあります。

長い期間、目を楽しませてくれる育てやすいお花です。

「ガザニア」は、春〜夏にかけて長い期間咲きます。

寒さに弱いため冬は、霜の当たらない場所で育てることをお勧めします。

「ゼンニチコウ」は、真夏の暑さの中でも丈夫に育ちます。

長い夏から秋にかけて咲く育てやすい花です。

ドライフラワーにすると色あせずに長い期間楽しむことができます。

秋でも育てやすい花

「サルビア」は、夏から秋にかけて燃えるような赤い花が咲く花です。

白、ピンク、ブルーサルビアも人気があります。

「ジニア」は、品種がたくさんあります。

乾燥に強く、高温多湿にも耐えることができます。

初夏から秋にかけて咲きます。

「ゼラニウム」は、真夏と真冬以外は、花を咲かせます。

栽培は簡単で、鉢植え、コンテナ寄せ植えに利用できます。

花色は、ピンク、白、赤などがあります。

室温を嫌うので、雨の当たらないベランダ、玄関先に適しています。

「トレニア」は、草丈が低い花です。

夏の花壇やコンテナガーデンにて楽しむことができます。

乾燥を嫌う花になります。

「ニチニチソウ」は、暑さと乾燥に強く真夏の炎天下でも花を咲かせます。

多湿には弱いため、水のやりすぎに注意しましょう。

花色は、白、ピンク、濃い紅があります。

「バーベナ」は、春から秋まで咲く花です。

丈夫で育てやすいです。

1年で枯れてしまうタイプのものと、毎年花が咲くタイプのものがあります。

初心者にもおすすめの日陰でも育つ花

「ベゴニア」は、半日陰でも育つ花です。葉が厚いため乾燥に強いです。

初夏から秋遅くまで咲き続けます。

「ペチュニア」は、初夏から秋にかけて長い間咲きます。

乾燥に強く、育てやすい花です。初心者の方にお勧めです。

「ヘメロカリス」は、次から次へと花が咲きます。

とても丈夫で、半日陰でも育ち、育てやすい花です。

まとめ

いかがでしたか?

ガーデニングを始めるにあたり、季節ごとに育てやすい花を知ることをお勧めします。

是非、参考にしてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)