恋愛運を高める花風水

恋愛運を高める花風水

恋愛運アップの基本

花風水の前に、基本の風水で恋愛運を上げると言われている要素を知っておきましょう。

まず、恋愛運を司る方角は、西と東南です。西は恋愛運を上げる方位だと言われており、東南は結婚運を上げると言われています。また、「桃花位」と呼ばれる方角に花を飾ると恋愛運がアップします。「桃花位」は玄関の方角によって変わり、玄関が北なら東、東や南東なら南、南、北東、南西なら西、西や北西なら北になります。これら恋愛運を左右する方角に花を飾ったり綺麗にしたりすることで、恋愛運アップが望めるでしょう。

次に、色ではピンクがベストです。ピンクには「平和」「幸せ」といった意味があります。他には「望みを叶える」という意味のオレンジ色、「豊かになる」という意味のクリーム色などが恋愛運を上げるのにおすすめの色になります。

西・東南に飾るおすすめの花

西は四季で例えると「秋」に例えられる方角なので、西側の運気を上げるには秋をイメージした花を飾るのが良いでしょう。具体的にはコスモスやゼラニウム、キキョウ、シクラメンやダリアなどがおすすめです。

東南は結婚運を上げる方位であり、ご縁を運んでくると言われています。東南に長く伸びて成長するつる植物を飾るとご縁を運んでくる手伝いをしてくれるので、アサガオやクレマチス、ハツユキカズラなどのつる植物を飾るのがおすすめです。

特にコスモスやシクラメン、ハツユキカズラなどはピンク色のものが多いので、恋愛運に直接作用するピンクを取り入れやすいので相乗効果を期待する人はこれらを選ぶと良いでしょう。

恋愛運を高める花

続いて、個々の花で恋愛運を高めると言われているものをご紹介します。

まずよく挙げられるのがガーベラです。長い物は良縁を長く続かせてくれると言われており、ガーベラは花びらや茎が長いので恋愛運を上げる花としてよく飾られています。華やかで愛らしい花姿は1輪挿しでも美しく飾ることができます。

続いて紹介するのはマーガレットです。マーガレットは楽しい恋愛をもたらしてくれる花であるとされています。「好き、嫌い、好き…」と花びらを1枚ずつちぎって占う花占いをする花としても有名で、恋愛とは切っても切れない関係にある花です。

3つ目はチューリップです。チューリップは直接恋愛運に関係のある花ではありません。チューリップが上げてくれるのは、女性の魅力です。女性としての輝きを引き上げてもらうことで、素敵な男性との出会いを逃がしません。様々な色があるので自分の願いやお部屋の雰囲気に合わせて選んでみると良いですね。

最後に、ダリアも恋愛運アップに一役買ってくれる花です。ダリアは大人の魅力や色気を引き出してくれると言われている花なので、自分が子供っぽいと感じる人や年上の男性を落としたい人におすすめです。多くの花びらが重なり合うダリアの花はとても美しく、色も豊富なので選ぶのも楽しめることでしょう。

まとめ

花を飾ることで恋愛運を高めて素敵な恋愛ができれば、女性としてもっと輝くことができるでしょう。花風水による正の連鎖で、あなたの望む幸せな恋愛を目指してみてはいかがでしょうか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント