人気運と金運アップのチューリップ花風水

人気運と金運アップのチューリップ花風水

チューリップの花風水

春が来るとどこのお庭を見ても可愛らしいチューリップを見つけることができますよね。チューリップは昔から誰からも愛されている花です。チューリップは花風水では「火」の気を持っていると考えられていますし、「火」の気は人気運をつかさどっているので「火」の気を強くすれば人気運も上がると言われています。人気運が上がれば仕事や商売などにも良い影響を与えますし、家族や友達、異性との愛情運もアップします。愛情運がアップすれば良い恋愛に巡り合うことができ、結果として良い結婚までもつかむことができるのではないでしょうか。今回は人気運を強める「火」の気を持ったチューリップ花風水と、金運を上げたいときのチューリップ花風水について紹介いたします。

人気運アップのチューリップ花風水

人気運アップに効果があるチューリップ。花風水では、チューリップは人気運だけでなく女性の魅力をアップさせてくれる花と言われています。女性としての魅力が上がればもちろん恋愛運アップにもつながりますので、良い恋愛を求めるなら是非とも飾っていただきたいお花の一つです。

寝室にチューリップで魅力アップ

花風水では、基本的にはどこにお花を飾っても良い運気が得られるとされています。ですが人気運や女性としての高めたいときに一番おすすめの場所はベッドルームです。チューリップを花風水に取り入れる場合、朝目が覚めた時に一番先に目に入るところに置いておくのが良いようです。チューリップは一度満開に咲いても、夜になるとつぼみのように閉じ、朝日が当たるとまた大きく開く性質を持っています。風水には直接関係なくても、チューリップのように早寝早起きを心がけて質の良い睡眠をとることは肌のターンオーバーを助けることにもなりますので、女性としての魅力もアップすることにつながりますね。

東に飾れば恋愛運アップ

花風水では家や部屋の東側に花を飾るのは恋愛運アップに効果があると言われています。東の方角にチューリップを飾るなら大きくて赤いチューリップがおすすめです。赤いチューリップを飾る花瓶には、赤いガラス製の花瓶か無色透明のガラスの花瓶を使用しましょう。花風水では花瓶の下に白いマットやコースターを敷くと花から出た良い「気」が逃げないと言われていますので、必ず何か敷くことを心がけてください。

金運アップのチューリップ花風水

ここではチューリップを飾るのにおすすめの金運が上がる方角と、その方角に飾るチューリップの色について説明いたします。

【西に飾るチューリップの色】
金運を上げたいときに花風水で使うチューリップの色は黄色です。
「また西に黄色?風水で西に黄色は聞き飽きた…」
という方も多いかと思いますが、金運を上げたいときに西に黄色いものを飾るのは風水的には理にかなっています。ですが西側に何もかも黄色いものと考えてゴチャゴチャ置くのはインテリア的にもおすすめできません。また黄色いもので埋め尽くされてしまうと浪費がちになりますので、西の方角に黄色いものを飾るならワンポイント的に飾るほうが効果的です。ポイントとして黄色を使うなら、黄色い生花を飾ることが一番おすすめなのです。チューリップ花風水で金運アップを狙うなら是非とも西に黄色いチューリップを飾ってみてください。

【北西に飾るチューリップの色】
商売繁盛や独立開業など、事業で成功を収めたい方はこの方角に花を飾りましょう。金運よりさらに強力な財運を高めるのに効果的です。財運の気を高める北西の方角にチューリップを飾るなら、薄いピンクのチューリップがおすすめです。チューリップを飾る花瓶は角ばった形のものではなく、丸みを帯びた白いものが良いでしょう。

【北東に飾るチューリップの色】
花風水では北西に花を飾ると貯蓄運がアップすると言われています。北西にチューリップを飾るとしたら白いチューリップを基調にして、赤いチューリップや赤い小花を組み合わせるのが金運を上げるのに良いとされています。金運が落ち込んでいる方は、少しずつ運気が上がっていきますので是非この方法を試してみてください。

チューリップ花風水のまとめ

今回は人気運を強める「火」の気を持ったチューリップ花風水と、金運を上げたいときのチューリップ花風水について紹介いたしました。人気運を上げるチューリップは恋愛運も上げてくれます。恋愛運アップ花風水にチューリップを取り入れるなら是非寝室に飾るようにしましょう。金運を上げたいときには、西に黄色いチューリップでしたね。ですが「西に黄色」はほどほどに、黄色の多用は浪費につながりますので注意が必要です。人気運が高まれば恋愛運や結婚運が上がり、仕事や商売などにも良い影響を与えますので、是非チューリップを花風水に取り入れてみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント