西と相性の良い色と部屋ごとの花風水

西と相性の良い色と部屋ごとの花風水

西の花風水

風水では西は実りの秋、収穫の秋を表す「金」の方位とされています。また八卦で表すと「沢」となり、この方位の水の流れを良くしておくことで金運上昇の効果が期待できます。今回は西の方位と好相性の色や風水インテリア、西の部屋に取り入れたい花風水について紹介いたします。

 西と好相性の色

【メイン】黄、金、白、茶【補色】黄色に対して紫

西の凶色

風水では赤は西に向かないとされていますので使わないようにしましょう。

 西の玄関の花風水

家の中心から見て西の方位にある玄関は、配置としては特に問題はありません。気の入り口である玄関を清潔に保ち、風水的に整えることで金運アップの効果が期待できるでしょう。西の玄関に花風水を取り入れるなら金運上昇の色である黄色や白の花を飾りましょう。黄色の花一色ではなく、サブとして白い小花をちりばめる生け方がおすすめです。

【金運アップ】

メインの黄色い花:バラ、カーネーション、ガーベラ、スイートピー、チューリップ、ユリ、ヒマワリ、オンシジュームなど。

白い小花:カスミソウ、レースフラワー、コデマリ、スイートピー、スプレーバラ、スプレーカーネーションなど。

西のキッチン

【食費の散財を防ぐ】風水では、西日が入るので食材が傷みやすいことから西はキッチンにはむかない場所とされています。ですが風水は古代の環境学であり、冷蔵庫やエアコンなどの家電製品がある現代ではあまり関係のないことかもしれません。水を綺麗に保ちゴミをためないように心がけることで悪い運気がたまるのを防ぐことができますので、西のキッチンはこまめに掃除しましょう。花風水を取り入れる際には黄色を使いすぎると食材がかさむ傾向があるので、白の花一色で飾るのがおすすめです。花瓶は「土」の気を持つ陶器製のものを使いましょう。

メインの白い花:バラ、カーネーション、ガーベラ、スイートピー、ユリ、アルストロメリア、ラナンキュラス、マーガレット、ダリア、コスモス、プルメリアなど。

西のリビング

金運アップ風水的な配置としては特に問題のない西のリビング。西日があまりにも強すぎる場合は運気を下げる原因になりますので遮光カーテンで遮ったほうが良いのですが、寒い時期に西日が暖かくて気持ちいいと感じるときには遮らなくても大丈夫です。西のリビングに花風水を取り入れるとしたら、やはり金運上昇の色である黄色や白の花に、黄色の補色である紫の小花を入れて飾りましょう。

メインの黄色い花:バラ、カーネーション、ガーベラ、スイートピー、チューリップ、ユリ、ヒマワリ、オンシジュームなど。

メインの白い花:バラ、カーネーション、ガーベラ、スイートピー、ユリ、アルストロメリア、ラナンキュラス、マーガレット、ダリア、コスモス、プルメリアなど。

紫の小花:デルフィニウム、スイートピー、スターチス、リンドウ、ヒヤシンス、ワスレナグサなど。

西の寝室

【金運アップ】風水的に西の寝室も問題はなく、西に沈む太陽の動きから考えると西の方位は寝室には向いているとも言えます。ベッドカバーや家具などのインテリアはナチュラルな茶かベージュの配色が適しています。西の寝室に花風水を取り入れるならインテリアに合わせた茶色の花でも良いですし、金運上昇を願うなら黄色や白の花を飾ることをおすすめします。また、恋愛運を上げたいなら目覚めてすぐに目に入る場所にチューリップを飾りましょう。

茶色の花:ココアなどの種類の茶色のヒマワリ、チョコレートコスモス、ガーベラなど。

黄色・白の花:西のリビングと同じですのでそちらを参考になさってください。

西の花風水まとめ

今回は西の方位と好相性の色や風水インテリア、西の部屋に取り入れたい花風水について紹介いたしました。「実りの秋」や「沢」を表す西は金運に影響を与える方位で、西の水の流れを良くしておくことにより金運上昇が期待できます。花風水を実践する際には花瓶の水をいつもきれいに保つよう心がけましょう。

 

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント