方位に合わせてツキを呼ぶ花の色別花風水

方位に合わせてツキを呼ぶ花の色別花風水

花の色別花風水

風水の考え方では、どこにどんな花を飾っても運気を上げるとされています。ですが飾る方位と相性の良い色の花を飾れば更に効果が上がりやすくなるでしょう。今回は花の色別に相性の良い方位と、その方位で期待できる効果について紹介いたします。

赤い花の色別花風水

【赤と好相性の方位】赤と特に相性が良いのは南です。南は季節では「夏」を表す方位で「火」の気を持つとされており、同じ「火」の気を持つ赤とぶつかり合わないからです。また東は恋愛運を上げる方位とされており、東に赤い花を飾ると恋愛運アップの効果が期待できます。花風水で赤い花を飾りたいときには南か東の二方位がおすすめです。

【赤の凶方位】色別花風水で赤は特に気をつけなければならない色です。赤い花というのは種類も多く華やかで美しいのですが、風水では赤が凶色の方位が一番多くあります。八方位の中で赤と相性が悪いのは北、北東、西、北西の四方位となっています。

ピンクの花の色別花風水

【ピンクと好相性の方位】色別花風水でピンクと相性の良い方位は北と北西です。

北:北は日当たりが悪く、季節では「冬」を表し「陰」の気を持つ方位ですので暖色のピンクの花を飾って明るさを出しましょう。

北西:北西は季節では「晩秋」を表し、金運より大きな財運に影響する方位とされています。北西と相性の良いピンクの花を飾れば財運が上がり事業での成功などが期待できます。

【ピンクの凶方位】ピンクと相性の悪い方位は特にありません。

白い花の色別花風水

【白と好相性の方位】白はどの方位とも相性が良いのですが、特に良いのは北東、東、南東、南、西です。

北東:鬼門である北東に白い花を飾れば癒しや浄化の効果が期待できます。

東:東は仕事運や勉強運に影響を与える方位です。東と相性の良い白の花を飾ればこれらの運気をアップすることができるでしょう。

南東:南東は恋愛運や結婚運に影響を与える方位です。南東と相性の良い白い花を飾れば良い恋愛を引き寄せ、良い結婚をも引き寄せる効果が期待できます。

西:金運を上げる方位である西と相性の良い白い花を飾れば金運アップの効果が期待できますし、黄色い花と混ぜて飾れば更なる効果が期待できます。

【白の凶方位】白と合わない方位というのは特にないのですが、あえて言えば南西に白のインテリアは向かないとされています。ですが花には浄化作用がありますので花風水で白い花を使うのは問題ないと思われます。

黄色い花の色別花風水

【黄色と相性の良い方位】黄色と相性が良いのは北東と西です。

北東:鬼門である北東は決して怖い方位ではありません。鬼門の方位が雑然としていると様々な問題が起こりやすくなると言われていますが、清潔に整えておけば何も問題はありませんので掃除や換気をしっかりして綺麗に保ちましょう。花風水を取り入れるなら北東と相性の良い黄色の花を飾ることをおすすめします。

【黄色の凶方位】特にありません。

青い花の色別花風水

【青と相性の良い方位】東が青と好相性の方位です。

東:東は仕事運や勉強運に影響を与える方位です。東と相性の良い青の花を飾れば、青の効果で冷静さがアップし仕事運が良くなる効果が期待できます。また青の効果で気持ちが落ち着くので勉強運アップの効果もあるでしょう。

【青の凶方位】風水では南西は青のインテリアを用いるのを控えたい方位です。ですが花には浄化作用がありますのであまり心配は要りません。もし心配でしたら南西に飾るときには濃い青ではなく薄い水色の花を使っていただくと良いかと思います。

色別花風水まとめ

今回は花の色別に相性の良い方位と、その方位で期待できる効果について紹介いたしました。色別花風水で特に注意したいのは赤い花です。花には浄化作用がありどこに飾っても運気を上げるとされていますが、赤は特に強い「火」の気を帯びていますので、赤の凶方位にだけは気をつけていただければと思います。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント