フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

蕾の開運エネルギーとリンドウの花風水

蕾の開運エネルギーとリンドウの花風水

リンドウ

竜胆(りんどう)はリンドウ科の植物です。花が開くと桔梗(キキョウ)の花とよく似ていますが、桔梗はキキョウ科の植物です。リンドウというと紫色の花を思い浮かべますが、生花市場で流通するリンドウの色は紫、赤紫、ピンク、青紫、それに真っ青なものや、ツートンカラーのものまであり、意外に色のバリエーションが多い花です。リンドウの花が開くと星型でとても可愛らしいのですが、花屋さんが競り落とすリンドウはキュッと閉じた蕾(つぼみ)の状態のもの、全く開いていないものになります。リンドウは蕾のままでも十分に鑑賞に堪える美しい花です。

リンドウの花風水

蕾のままでも美しいリンドウの花ですが、蕾は風水的にはどのような意味を持つのでしょうか。

【蕾の風水的な意味】蕾は「くさかんむり」に「雷」と書きます。この漢字を見ても分かるように、蕾には雷ほどのエネルギーがあります。開ききった花よりも、これから花開くエネルギーをためている状態の蕾には強い「気」があるのです。花風水を実践するなら特に気の力にあふれている蕾を優先的に飾りましょう。蕾の状態で出回っているリンドウは特におすすめの花です。

リンドウの花風水効果は特に強いと言えますね。では次はリンドウの色別に期待できる効果を見ていきましょう。赤紫や青紫などの分類しにくいものは近い色を参考になさってください。

紫色のリンドウ

典型的なリンドウの色である紫は格式高い色、高貴な色とされており、ワンランクアップしたいときに身に着けたい色です。また、紫は「火」の気を持つ色であり、同じ「火」の気を帯びている南の方位と相性が良いとされています。風水では南は人気運や社交運、ビューティー運、知性や芸術に影響する方位とされ、南に紫のリンドウを飾れば方位の力を強めてくれます。

ピンク色のリンドウ

ピンク色の花は女性の魅力や恋愛運を上げてくれる色です。ピンク色と相性が良い方位は北と北西。風水で「冬」の季節を表す北には温かみのある色、暖色がマッチします。ピンク色は「陰」の気を帯びている北を明るく照らしてくれます。また北西は「主人の方位」とされており、北西を風水的に整えれば一家の主や組織のリーダーの運気に作用し、仕事運や事業運アップの効果が期待できます。事業運アップは財運アップにつながりますので、北西にはピンクのリンドウを飾って方位の気を強めましょう。

青のリンドウ

リンドウの青は本当に「真っ青」と言った感じで、いつまでも飽きずに見ていられるほど美しい青色です。青は冷静や落ち着きを表す色で、風水では「水」の気を持つとされています。青と相性の良い方位は東。東は季節では「春」を表し「雷」の意味を持つ、若いエネルギーの方位です。蕾に雷のようなエネルギーを秘めているリンドウと同じですね。この若さと成長の方位と相性の良い青のリンドウを飾れば勉強運や仕事運アップの効果が期待できます。また東の青は試験運やスポーツ運も高めてくれるでしょう。それぞれの目的で活躍したいときには青いリンドウの花を取り入れてみてください。

リンドウの花風水まとめ

今回は、蕾のままでも美しいリンドウの花風水について紹介いたしました。リンドウは意外にたくさんの色があり、可愛らしい星型の花を咲かせます。咲いてからでももちろん運気を上げてくれますが、蕾は雷のように強力なエネルギーを持ちます。ここぞという時の花風水には是非リンドウの蕾を取り入れてみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント