フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ワンランクアップが叶う紫色の花風水

ワンランクアップが叶う紫色の花風水

紫色の花風水

紫は格式高い色、高貴な色とされており、風水では紫はワンランクアップしたいときに身に着けたい色とされています。また、紫は「火」の気を持つ色ですが、赤ほど強くなく凶方位も持たないので比較的取り入れやすい色です。今回は、紫色の花を使った花風水と、おすすめの紫色の花を紹介いたします。

紫色と相性の良い方位

紫色と相性が良いのは南と南西です。それぞれの方位の持つ意味を見ていきましょう。

【南】日当たりが良く、季節では「夏」を表す南は風水では「火」の気を持つとされています。同じ「火」の気を持つ紫と相性が良いのもうなずけますね。「陽」の方位でもある南を整えることで得られる効果は人気運や社交運、ビューティー運。その他にも知性や芸術といった分野に作用します。「火」は燃えるものを必要としますので、インテリアは木製のものが適しています。南と相性が悪いのは黒。南に黒のインテリアは向きませんので注意してください。

【南西】季節では「晩夏」を表す南西は「大地」の気を持つとされています。家族の定位では「主婦の定位」とされており、女性の居室に向きますが、暖かいのでキッチンには向いていません。また子供部屋にも向いていないと言われています。南西も日当たりが良く「陽」の方位とされています。南西を整えることで得られる効果は女性の運気アップや家庭運、安定などです。

開運効果の高い紫色の花

紫色を花風水に取り入れるとき、どのような花を飾れば効果が高いのでしょうか。紫色の花は様々ありますが、ここからは特に開運効果の高い花をピックアップして紹介いたします。

紫の桔梗

桔梗(キキョウ)は神前や仏前に捧げられていた花で、風水では縁起の良い植物とされています。キキョウの蕾(つぼみ)は丸みを帯びてふっくらとしており、英語では「バルーン(風船)フラワー」と呼ばれます。蕾の文字は「くさかんむり」に「雷」で出来ています。風水では雷は大きなエネルギーを表すことから、蕾には大きなエネルギーがあると考えられています。花風水に使う花は蕾のものなら更に高い効果が期待できるという事です。

紫のリンドウ

竜胆(リンドウ)の花は桔梗とよく似ていますが、リンドウはリンドウ科の植物、桔梗はキキョウ科の植物となっています。リンドウの花は咲くと星型でとても可愛らしい形をしていますが、花屋さんには蕾の状態で並べられています。なぜならリンドウは蕾のままでも十分に鑑賞に堪える美しい花だからです。桔梗の項でも説明したように、蕾には雷ほどのエネルギーがありますので、1本の茎にたくさんの蕾を付けるリンドウは、花風水でも大きな効果が期待できるでしょう。

紫のクレマチス

クレマチスはテッセンとよく似ていて、同じキンポウゲ科クレマチス属(センニンソウ属)の花ですが別の種類の花になります。風水ではクレマチスのような星形の花は縁起が良いとされています。上で紹介した桔梗とリンドウも同じ星形の花を咲かせますが、クレマチスの花は大輪ですのでさらに大きな効果が期待できるということです。大きな願いを叶えたいのなら紫のクレマチスを飾ってみましょう。

紫色の花風水まとめ

今回は紫色の花風水と、おすすめの紫色の花を紹介いたしました。桔梗、リンドウ、クレマチス。どの花も和の空間とマッチするような落ち着いた雰囲気を持っています。またどの花も星形に咲くとても縁起が良いとされる花ですので、ワンランクアップしたい時や大きく変化したいときには紫の星形の花を活用してみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント